\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、今すぐ学生ローンしたいけど審査が不安という方に、今すぐ借りれる学生ローンをご案内します。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンのおすすめ

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれる(24時間、土日も即日振込が可能です。)
    ※金融機関・お申込時間帯によっては利用できない場合があります。
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
    ※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム

実際にキャッシングを利用した時、どのように融資を受け取るのでしょうか。一般的には、学生ローン業者から発行されたカードでATMから借入金を受けとることができますが、あらかじめネットを通して申し込み、銀行口座に貸付金を入金してもらってから、好きな時にATMから引き出す方法も人気です。ネットを使えば、カードを用意することなくお金を借りられるので、もし、財布を失くしてしまった時も心強いでしょう。学生ローンを一番安全に利用する方法は、借りる前から返済する予定がしっかり立てられているときだけ利用する、それ以外は利用しない、ということだと思います。お金が必要になった月に、キャッシングでお金を用意するなら、直後の給与や直後のボーナスなど、返済できるお金をきちんと確保してその予定を必ず実行すること、それがキャッシングをしたお金の返し方の重要ポイントでしょう。以前、グレーゾーン金利という言葉が話題になったことを覚えている方もいるのではないでしょうか。2010年の法改正以前に消費者金融から高金利の借入を行っていた方は、過払い金の確認をおススメします。過払い金はグレーゾーン金利とも呼ばれ、違法な金利で支払った利息を指します。具体的には、20%を超えた金利で借りていたというケースでは過払い金の請求ができます。これは弁護士に頼んだり、ご自身で請求すれば返還されますが、完済してから10年以上経っているという場合は時効になりますので、対象者は急いだ方が良いかもしれません。プロミスでお金を借り入れする際には、ネット、電話、店頭窓口、ATMなどの4つから自分に合ったやり方で申し込むことができます。三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座を持っているなら、パソコンやスマホなどで受付を済ませてからほんの10秒足らずで、しかも24時間いつでも振込手数料がかからない振込キャッシングを日々の生活でも手軽に役立てることができます。また女性専用のダイヤルや30日間の無利息サービスも、プロミスだからこそできるキャッシングの魅力です。強みが多いと思う「カードローンの借り換え」には、それを行えば必ずしも良いことばかりな訳ではありません。業者によっては金利が高くなったり、長い返済期間にしてしまったときなどです。借り換えを行って下がった金利も、長期の返済期間するのなら、今よりも高い金利になることもあります。借り換えたいと思っているならデメリットにならないようにしましょう。フリーターだったとしても、きちんと毎月給料をもらっていたら無担保で学生ローンを利用し、融資を受けられますが、雇用が保証された正社員と比べるとやはり審査は厳しくなってしまいます。加えてアルバイトで働いている人には注目されることの一つに、どれくらい今の会社で働いているのか、ということがあります。毎月一定の収入があるということが学生ローン審査をパスするのに必要なことなので、同じ職場で長く働いていると、年収が同じであったとしても定期的な収入がある、ということの証明になるのです。学生ローンの利用は手軽で簡単なので、つい使い過ぎてしまう傾向があります。返済能力を超えた借入をしてしまい、毎月の返済が負担になる人もいるでしょう。中には踏み倒すことを思っている人もいるかもしれません。しかし、成功することは稀ですし、何よりリスクが大きすぎます。キャッシングの時効は5年ですから、最後の借入返済から5年間、返済を放置し続ければ踏み倒しの成功です。しかし、業者からの連絡が付かないよう、相当な手回しをして逃げる必要があります。5年という期間は一定のものでなく、業者が裁判や差し押さえの手段に出れば、時効はストップし、場合によってはさらに期間が追加されてしまうのです。踏み倒しを成功させるのは、人生を捨てるほどの覚悟が必要になります。学生ローンサービスについてPCやスマホで検索すると、審査基準が緩く、即効でお金を手にすることが出来ると謳っている会社のホームページを見かけることもあるでしょう。ところが、借り入れするまでの手順が簡単過ぎてしまうと本来なら不必要な金額がプラスされてしまっていたりきちんとした会社ではない貸金業者であることもあるのでしっかりと概要を調べていくようにしましょう。欠かせないこととして、大切な審査を疎かにしないという所だと通常の問題ない金利での借り入れに至ることが出来るために安全なキャッシングをすることが出来ると言えます。キャッシングの借り換え先を選ぶ際は、まず低金利であるかをチェックすることが必要不可欠です。銀行系の学生ローンは低金利であることが多いのですが、審査を通るのがが難しいうえに審査結果がわかるのも遅いのが難点です。他に先に借り入れているローンが低い金利であった場合、審査も通りにくくなりますので、気をつけて借り換えるようにしましょう。一昔前には、誰とも顔を合わせずにキャッシングの申し込みができる無人契約機は新たな学生ローンサービスの時代の始まりでした。なぜなら、それ以前のキャッシングの申し込みは、窓口で直接行うという方法が典型的な方法だったからです。時代は流れ、キャッシングはさらに手軽で身近なものになり、窓口のみならず無人契約機にも行く必要がありません。普段使っているスマホを利用してアプリを入手したら、すぐに申し込みもできますし、返済計画を立てられるのでとても便利です。借入れをする場合の適合検査では、属性審査はもちろん、書類審査、在籍確認、申請者は信用できる人なのか?といったあらゆる面から調査を行います。こうした様々な情報を基にし、返済能力のある人かどうかを判断します。申告した内容に虚偽の情報がある場合、適合審査には落ちてしまうでしょう。もうすでに他社から高額の借入れがある方や、今まで事故を起した経歴のある人は、キャッシングの審査で落とされる可能性が高いでしょう。複数のキャッシング業者を利用していると、毎月の返済が複雑になり、管理が面倒になってきます。そうした場合には、キャッシングの借り換えをおススメします。管理が楽になるばかりか、利息分の負担が軽くなる可能性があります。借り換えして、金利が低いキャッシングで複数の借金を一本化することができれば、その後の返済がずっと楽になるでしょう。普通、どのようなキャッシング業者でも、金利は借入総額が大きくなるほど低金利に修正されるものです。複数の業者から少額の借入をしている場合、それらを一本化して一つの高額の借入金として扱えることができれば、金利がさらに低くなるハズですから、思い当たる方は借り換えを考えてみましょう。無職であれば絶対にキャッシングは利用できないと思っている方も多いでしょう。しかし、一概にそうとも言えない場合があります。無職とは一般的に毎月のお給料があるわけでありませんが、結婚していればキャッシングの審査に通るかもしれません。しかし、前提条件として配偶者に収入があることが必須になりますし、限度額も低めに設定されています。あるいは、配偶者や家族が所有するクレジットカード会社に申請すれば、家族カードを作ってもらうことができます。この場合、家族カードに付帯した学生ローン枠で現金を手に入れることができるでしょう。なお、年金受給者の場合はキャッシング利用可能な対象になります。昔から借りている人ならご存知だと思いますが、2010年までに段階的に法律が改正され、学生ローンや学生ローンの利率は20%から18%に制限され、それに合わせて業界全体の金利が下がったことがあります。しかし実情としては、利息を制定した法律(利息制限法)では18%の金利までしか認められないのに、登録を受けた業者なら出資法に基づき29.2%以下の金利で貸付できる特例があります。「普通免許では10人乗りまでだけど、大型免許なら30人以上乗せても良い」のと同じで、違法ではありません。でも11%以上違うと支払額が全然違うでしょうね。グレーゾーン金利というのは、この部分のことを指しているのです。ここ数年、CMでも見かけるようになった過払い金請求というのは、このような契約によって業者に払い過ぎた利息分を法律事務所を通して返金してもらうというものです。学生ローンで24時間いつでもお金が借りれる良さは、周囲に頼ることができない状況では実感できるかと思います。自分の話で恐縮ですが、遊びにはお金をかけていて給料日前は超貧乏でした。そんなときに同窓会の誘いがあったのですが、会費として払うだけのゆとりがまったく出せない(財布に2000円)状況でした。こういうときに学生ローンを使うんだなと思い、スマホにアプロをダウンロードして、当座の資金の確保に成功しました。結果オーライでしたが、学生ローンがなかったらそうもいかなかったでしょう。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス