\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ > 愛知県

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、愛知県で誰にも内緒で今すぐ学生ローンしたい方におすすめのローンをご紹介しています。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム


すぐにキャッシングでお金が欲しい人は、本人確認ができる運転免許証などの書類を用意し、自動契約機を利用して申し込んでみましょう。それが一番簡単で、審査に時間もかからないため、早くお金が欲しいとき向けです。金額の多少に関係なく、借り入れを申し込めば信用状況の調査、勤務先への在籍確認による審査が必ず行われるので、期限までにきちんと返済すること、借り入れ時点で安定した収入を得ているなど、借りたいプランに必要な条件を満たすことが必要です。近頃は消費者金融や銀行のみならず、多くの金融機関では学生ローンサービスを展開しています。そして、その中の多くの学生ローンサービスについてはインターネットで簡単に申し込み手続きを済ませられるようになっているはずです。審査をパスすれば、銀行口座に入金してもらったり、送られてくるカードを使ってATMから借り入れができます。専用のATM窓口はもちろん、銀行やコンビニのATMにも対応した業者が増えていますから、借り入れや返済が楽に済ませられるようになっています。きちんとした消費者金融では担保が必要ない代わりとして必ず審査を受ける義務があるので、審査なしで融資してくれるところはあるはずがありません。街中の消費者金融の看板表記の中に、無担保、無審査でお金を貸しますと表現している告知看板もたまにみますが、これは法律に違反している消費者金融なので、借金をしたりすれば、法律の規定金利以上の額を請求されますので、くれぐれも手を出さないでください。この前旅行をしていて、とある地方に訪問した時のことです。夜遅くにお金を下ろしに行こうとコンビニへ足を運んだのですが私が現在使用中である地方銀行のキャッシュカードを夜間に使用することができませんでした。それでも、どんなことがあっても現金が入用だったのでセディナのクレジットカードで学生ローンを使用しました。頭を抱えていたのでかなり助かりました。学生ローンというのは、最近、審査の基準が厳しくなって、定期収入がなければ借り入れができないというイメージがわきます。無職や専業主婦の方のような場合には借り入れ出来ません。ただ、大手以外の貸金の中小業者なら、働けない生活保護の家庭であっても学生ローンの利用ができることがあります。ほんの少し前までは学生ローンを申請する際に最低1万円からという設定の会社がほぼ全てでした。しかしこのところでは千円単位ごとに申し込める会社が増加傾向にありもし初めに借り入れた金額が1万円であったからといってATMを使ってお金をおろすときには千円毎でも可能としている会社もあります。カード、金融機関の如何を問わず、借金生活に身を投じるに当たっての上手な乗り切り方のコツは、期日に関しても、分割可能金額に関しても、とにかく余裕を持った計画を立てることです。そもそも借りたお金の返済に充てるお金というものは、誰でも返し初めの頃には、まだ自分の力を信じていて、大した算段なしで返せるもので、このまま返済し続けることが思いのほか簡単なことであるという錯覚に陥りやすいのです。最初からよくない方向にばかり考えるのもどうかと思いますが、そのまま最後まで返せるとしたら、それは奇跡なのです。返済も後半になってくると、当初のありがたみは薄れ、お金を搾取されているかのような気持ちにさえなってくるのです。だからこそ、月々返済出来そうな金額を2通り考えておき、その中から相手の許す限りの下限ギリギリの金額まで引き下げることです。以上のような予定で返済を開始すれば、必ず最後まで返すことができるはずです。例えば学生ローンの審査に通らなかったとき、その理由を頭を働かせましょう。業者は違えど審査する内容に大きな違いはないので、問題点を解決しないのでは同じ理由を懸念され利用できない結果になるでしょう。収入額と希望額の差があまりにも大きいことが多くの場合にある為、今一度、希望する額を見直しましょう。キャッシングの契約をする場合は、借入限度額もポイントになるでしょう。利用限度額が50万円以下ですと、本人確認のために運転免許証1枚あれば契約することが可能だからです。けれど、キャッシング限度額が 50万円超だったり、他社借入額と合算して100万円を超すと、収入証明書を提出せねばならず、 手続きが少し繁雑になるのです。キャッシングを利用したいと決めた場合予め返済方法がある程度決まってきたり、自分自身でどうするか選択できますが、利息を少しでも支払たくないのであれば、できるだけ早々に返す事ができる方法を選択した方が、利息額をみれば少ない支払で良いので割が良いです。すぐに返済できる環境であれば、それを実行するほど万が一、次に借入しようとした時も審査等がスムーズに行なわれ、現金も手にしやすくなります。誰しも、無駄な出費はできるだけ抑えたいと思うのが当然のことです。もし、営業時間外にATMからお金を引きだそうと思った場合、200円程度の時間外手数料を払わなければなりません。反対に、多くのキャッシングサービスでは、時間外手数料がかからないATMが使えます。利息の心配をされる方もいますが、返済が早ければ数円分の利子しかつきません。銀行ATMで時間外手数料を払って手続きすることを考えると、学生ローンの方が結果的にお得です。簡単な手続きや審査で融資を受けられるほか、個人契約で保証人や担保を必要としないところも嬉しいです。お金を借入する際、何社までなら利用できるという規則が必ずしもカードローンに存在する訳ではありません。そうはいっても、実際に利用する際、同時に利用可能なのは最大で三社くらいです。それを超えた利用になると、申し込む時点での返済状態などに関係なしに、落とされてしまいます。なぜかというと、借入件数の多い人は、他社に返済しようとして、新たに借入を行うことが多々あるからです。学生ローンという名称は、俗に言う貸金業者などから、せいぜい数十万円単位のお金の貸し出しをして貰うといったケースの借金を指しています。借金の契約を結ぶ場合、金額が大きくなってしまいますと保証人なり、担保なり、返済不能になった場合の代わりになるものが必要です。ところが、学生ローンであれば他のローン手続きとは異なり面倒な手間になってしまう連帯保証人や抵当といったものを用立てておくことを必要とはしていないので利用者としては非常に便利です。免許証やパスポートといった公的な本人確認書類を見せれば、よほどの事が無ければ現金が自分の手元に渡るようになっているのです。キャッシングの契約には身分証明書が必須になります。この場合に準備するものは住民票はNGですが、お手持ちの運転免許証や健康保険証など本人しか所持できないものを用意してください。顔写真が付いているものなら最適ですが、保険証ならば本人宛の手紙などを共に提出し、本人確認の精度を上げなければならないかもしれません。中には、郵便物は必要ない業者もあるので、あらかじめきちんとチェックしておきましょう。ある程度まとまった金額を用意しようと思った時には、キャッシングサービスで融資を受けると良いでしょう。必要書類の記入や免許証の送信など、申し込み手続きを行って審査を通れば、早めの時間に申し込んだ場合、その日のうちに融資を受けられます。専用のATMでしか借入返済できない業者もありますが、大手の消費者金融では、近所にあるコンビニATMや銀行ATMに対応していますので、専用のATMを探す手間も省けるでしょう。いちいち営業時間を調べる必要もなく、ご自身の都合に合わせて利用できるほか、ATMを操作していても学生ローンを利用しているとは思われないので、借金を知られたくない人には最適です。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

愛知県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス