\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、今すぐ学生ローンしたいけど審査が不安という方に、今すぐ借りれる学生ローンをご案内します。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンのおすすめ

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム

キャッシングは、お金を貸してくれる金融業者から数百、数千といったその他のローンとは違う少額を貸してもらうということを指す言葉です。借金を貸金業者に依頼しようと思ったときには連帯責任になる保証人、さらには不動産などが求められます。しかし、貸金業者からのキャッシングというケースなら、家族が連帯保証人になったり、自宅を担保にしたりという複雑な事柄を省いてスピーディーに申し込みが可能です。きちんと本人による申し込みだと分かる証拠を提出したら、お金を貸してもらえるので非常に便利だと言えます。当たり前のことですけど、学生ローンではそれなりの金利を払う必要があります。どのくらいの金利になるかは業者が決めていますが、多くの場合、融資額が大きければ金利も下がる傾向にあります。金利をみてみると数%の幅がありますが、借入額が少ない時には、上限金利による取引が行われるようです。借入時に発生する金利は、日割りで発生します。無事にカードの審査が通ったら、どんな事に注意するべきか説明があります。利用するのが初めての時には、丁寧に説明されて、少し時間が掛かってしまうことがありますが、きちんと耳を傾けていなければ後悔する事態になることもあります。注意点を説明しなくてはならないので、30分しか審査に時間が掛からない業者でも、借入を行えるようになるにはおよそ一時間ほどはみておいた方がいいでしょう。簡単にお金を借りようと思うならば、ぜひ使ってほしいのが、申し込みから融資までネットで済ませられるような学生ローンサービスです。本人確認書類(免許証など)があれば、それだけで、すぐに必要なお金を貸してくれるはずです。ネット契約が学生ローンの主流になっていることは、周知されているかというと、そうでもなく、金融機関からお金を借りるこということに不安を覚える人も多いのではないかと思います。あまり頑なにならず、まずは経験だと思って使ってみると、大変便利なものだということが分かるかと思います。今日は雪の量が多く大変な一日でした。朝起きてからずっと雪かきをしっぱなしでしたよ。休日でしたけど、すっかり疲れ果ててしまって体を動かす気にもなれませんでしたし、天気もかなり悪かったけれど学生ローンが返済予定の日だったので自宅で過ごしているわけにもいきません。結局はせっせと返済をするため外出です。さてと今月もしっかりと返済できましたし、また給料日まで頑張ろうと思います。学生ローンが最も早い消費者金融とはどこだと予想されますでしょうか。いろんな消費者金融が存在しますが、意外でしょうが最速なのがメガバンク系でびっくりするような事もあったりします。ネットから申し込みをすれば迅速にお金が借りられるのでお奨めしたいです。非正規雇用の場合でも、カードローンでお金を借りることが出来るのかについて調べてみました。このことに悩んでいる方も多いかもしれませんが、実際のところ審査において何の支障もありません。もちろん、返済の必要がありますから、審査には一定の収入が必要ですが、それは必ずしも正社員でなければいけないかというと、そうではありません。ですから、アルバイトとかパートの人の場合も毎月一定の給料を貰っているのなら、審査を通過する可能性はあると思います。学生ローンの審査が通るか不安な方は金融業者のサイトを閲覧すれば大抵はある簡易審査を使ってみるべきです。これは匿名のうえに数項目の記入だけで融資が行えるかどうか即座に審査してくれる便利なシステムですでも、これを通貨したといっても本審査で必ず通過できる保障はありません。本人かどうかの確認手段として暗証番号を学生ローンなどの申請をする時にも決めるのですが、人に教えたり、忘れないように、メモをとったりして大切に保管してください。暗証番号を第三者に教えてしまったりすると、あなたのカードを使われて、知らないうちに負債を増やされてしまうケースもあるのです。いざ使おうとしたら、番号がわからないといった場合、本人確認ができる書類を店頭、契約機まで持って行くと、新しく再設定できるでしょう。学生ローンを利用していると、思わぬ落とし穴にはまる可能性があります。キャッシングは他種のローンと比較すると圧倒的に使いやすいですが、高金利なので、一回の学生ローンが少額だから大丈夫と思っていても、利子が重なり返済が不可能な状態にまで追い込まれてしまう可能性があります。給料日前など、現金が足りなくなるとすぐに学生ローンに頼るような生活では、返済と借入を繰り返す自転車操業のような危うい生活になりかねません。キャッシングの返済は絶対厳守です。滞納はもちろん、他の学生ローンで返済金を工面するのは以ての外です。返済できないと思ったら、恥を忍んででも親類や友人に頼み込んで返済金を工面してもらい、徐々に返済することをおススメします。事故や冠婚葬祭などで、突然お金が必要になった時、キャッシングを利用し始める人は多いでしょう。実際にキャッシングサービスに申し込む際には、借りやすいだけでなく、返済のしやすさも考慮してサービスを選ぶと、失敗がありません。インターネットを使えば、ご自身の希望するサービスを提供している業者が見つかりやすいです。とくに、インターネットから申し込むタイプのキャッシングサービスは対応がスピーディーなので、早めの時間帯に申し込んでおけば即日融資も可能です。個人事業主になったのは数年前からですが、波のある仕事なので、良い収入が入ってくるときもありますしそうでないこともよくあります。パソコンのディスプレイがダメになって、パソコンが急きょ必要となり、今回はキャッシングでの購入を検討していますが、過去にローンの審査などをしたことがなく、いまいちよくわからないのですが、バイトや正社員といった肩書がなくても利用できるでしょうか。大学のとき、どうしても断れなくて、英会話スクールに通うことになってしまいました。両親に出してほしいと頼むのが気が重くて、キャッシングを使おうかと思ったことがあります。ただ、学生だからどこでも借してくれるとは思えなかったし、バイト先の人に諭されたのもあり、結局、借りることはなかったです。「利用は計画的に」なんて言いますけど、学生で定収入もないのに計画もなにもないですよね。いまだから言えることですが、もし利用していたら、あとで自分で返せたのかと疑問に思います。当時は本当に何もわからなかったんですね。大学生の弟が、バイクの購入資金に充てるために学生ローンを利用していた事実が親の知るところとなりました。私の弟は遠方の大学に通っているので、普段は大学近くに下宿しており、学生ローンサービスを利用していた事実を家族の誰もわかりませんでした。しかし、返済を滞納したために「ご子息の借金滞納の件」ということで親にまで連絡があって、事実が露呈してしまいました。持つべきものはなんとやら、最後は親が返済を済ませてくれました。もちろん、親はここぞとばかりに弟を叱責していました。昔の学生ローンは申込や審査に時間や手間がかかったものです。それが最近ではユーザーにとって非常に使いやすいものになってきています。とくに昔と変わったなと思うのは、ネットのみでサックリと手続きが完結できることでしょう。それも、PCブラウザからでもスマホアプリからでもOKです。比較的小額の融資の場合、運転免許証があれば写メやデジタルファイル化して送信するだけで簡単に契約でき、手続きを終えたら銀行口座に入金してもらうこともできますし、カードを発行してもらうことも可能です。でも銀行にすれば、自分の口座からお金を引き出すような感覚で融資金を受け取ることができます。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス