\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、今すぐ学生ローンしたいけど審査が不安という方に、今すぐ借りれる学生ローンをご案内します。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合14時までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム


借金は総量規制によって、借入可能な額は制限されます。借金があるかどうかによっても異なりますので、出来ることであれば借りているお金を減らしてから、申し込みをするようにしてください。借りられるのが年収の3分の1以下だということは覚えておいてほしいです。お金を貸してくれる業者は数え切れないほど有り、頻繁に宣伝もされていますから見聞きしている人もかなり大人数いらっしゃるのではないでしょうか。ただ、業者名などは聞いたことがあるだけで現実的に貸金業者からの借金は未経験だという人ですと、複雑な金利計算について困ってしまうこともあるかと思います。キャッシングを展開する会社のサイトをチェックしてみると本審査の前の簡易的な審査を試すことが出来たり月々の返済額や返済期間についての事前確認などをスピーディーにおこなってくれますので安心です。実際に学生ローンを利用する場合、どの業者でも良いのかと言うと、そうではありません。借り入れにも限度額がありますし、審査に必要な時間や融資までの時間、返済の方法といった点はそれぞれ違うので、利用できる金融機関もそれぞれ異なってしまいます。しかしながら、学生ローンサービスを行っている業者は少なくありませんから、都合の良いところがあると思います。例えば、インターネット上にある総合情報サイトなど最新の情報を豊富に扱っているホームページを閲覧してみるとピッタリの業者を見付けられるはずです。カードローンの返済については、業者によって少し違いがあります。はじめに銀行系の場合、基本的には口座引き落としですよね。ところが、消費者金融あるいは信販会社では、その他に振り込みやATMからの返済も出来ます。返済方法は色々ありますが、できるだけ手数料が負担にならないように返済を続けるのが賢い方法です。派遣社員の身分というのは意外と曖昧なものです。でも、派遣会社からの給料をきちんともらえていることで、お金を借りるに当たってあまり歓迎されないのではないかいうと、決してそんなことはありません。ローンを組んでお金を返していくような契約においても扱っている銀行、信販会社、消費者金融のすべてで格別な条件を突きつけられるでもなく、貸し付けが実行されます。このように、派遣社員であることがステータスとも思える昨今ですが、ついでといっては何ですが、アルバイトまでもその待遇を上げたのか、お金を簡単に貸すことが増え、融資にゴーサインが出ることが多くなってきています。アルバイトだからとあきらめることなく、お金が必要になったら、前向きに挑めば、これからの人生にきっと役立つことでしょう。たとえば一括返済が可能なくらいの学生ローンなら、決められた条件下での無利息期間を設けている業者を選んで利用するのが賢いやり方と言えるでしょう。利息がかからない期間中に一括返済できれば普通は借入金額に応じて必要な利息が少しもかからないので、上手に使うことができたらとても便利なのです。一括での返済ができない見込みであったとしても、利息が不要な期間を決めている金融業者の方がいろいろな場面でお得な学生ローンが可能なので、まずはよく比べてみて自分に合うところを選びましょう。学生ローンでお金を借りようと思った時、ほとんどの人は銀行系の学生ローンサービスを希望するのではないでしょうか。銀行系を選ぶメリットとしては、金利が安いことに尽きます。他にも、借入限度額が年収の3分の1という法律の規制がないので、借入限度額が高めな点も、銀行系の強みと言えるでしょう。申し込みの時間帯が早ければ、即日融資も可能なところが多く、銀行だからこそ信頼がおけるのも、他にはない特徴でしょう。それに、提携ATMの数が多いため、最寄りのコンビニなどからでも借入返済できるのは便利です。一方で、審査は厳しめのため、融資を受けられる人は限られますが、もし、審査に通過するのであれば、銀行系の学生ローンを選びましょう。学生ローンを使う時には、勤務する会社名等と勤続年数を伝えなければなりません。借りる人の返済能力の有る無しを確かめるのが目的です。その後、勤務先あてに勤務の事実確認のための電話等が入ります。勤め先に連絡が来るのには抵抗を感じる人もいるでしょうが、昨今は消費者金融であることを伏せる配慮をしてくれるでしょう。世の中には待ってはくれない不意の出費というものがあります。そんな覚えは今までありませんでしたか。先延べも立替えもできないときには、キャッシングのことを思い出してほしいです。若手女性タレントの派手すぎないTVコマーシャルで、キャッシングは現代的なサービスの1つとして、抵抗なく借りれるようになりました。誰にでも、お金が足りない経験はあります。そんなときに、時間をかけずに入金対応してくれる、会社をチェックして、カード(無料)を作っておけば、安心です。現在、利用している学生ローン以外のサービスに契約の申請をした場合、借入金額や返済状況などが原因となってお金を借りられないといった話もよく聞きます。一社程度であれば問題ないかもしれませんが、二社、三社と増えていくと、その分だけ審査を通過しにくくなります。総量規制があるので、年収の3分の1以上の借入ができないことも無関係ではありませんが、借入件数が多い程、返済能力が欠けるとみられるようです。お金の返済手段については一律ではなく、どのカードローン業者を利用したかによって違います。多いのはATMからの振込と、銀行の口座から引き落とす、どちらかでしょう。返済の方法をどちらにするかはこちらで指定できるでしょう。けれども、指定した方法でしか返済できない業者や、引き落としもどこの銀行でもいい訳でないこともありますので、広い選択肢のある方法を提示している業者を選びましょう。当然ですが、学生ローンの審査にあたっては社会的な信用度が重視されるので、まず前提として定期的な収入がある状態でなければいけません。正社員でなくても、場合によってはフリーターやパートで働く方も学生ローンを利用できます。反対に、無職の状態では、審査に落とされてしまいます。主婦のケースは少し注意が必要です。ノンバンク系(消費者金融、信販会社など)ではなく銀行系の学生ローンを選んでください。こちらであれば、夫に安定収入があることを証明し、審査を受けることができます。世にさまざまある金融を取り扱う業者によって各々借りることができる最大限の金額が違い、数万円という小規模な融資やその日限りの融資以外にも、300万円や500万円など数百万円程度の高額融資も思いのほか手軽に受けることが可能となっています。店頭やネットなどで申し込みをしてから融資までの時間が短く、その場ですぐに資金を得ることが可能な場合もあるのでさまざまなシーンでたいへん役に立ちます。各金融機関が発行しているカードを利用するという方法が現在では広く浸透しています。学生ローンと学生ローンは、異なるものではないものだと思う人がいますが、本当は全く異なるものです。学生ローンはほとんどの場合が一括払いで、ほとんどの場合が分割払いなのか、学生ローンという具合です。お金が必要だといったときには、学生ローンを選んだ方が賢明かもしれません。即日融資が可能で返済も簡単なサービスが増えたため、学生ローンはネットに強い若者を中心に人気が高まっているようです。キャッシングサービスというと、消費者金融系のサービスをイメージする人も多いかもしれません。しかし、今は、銀行が提携しているサービスや、クレジットカードの付帯サービスでとしてキャッシング枠が設定されているケースもあり、もはや、あって当たり前の存在になっています。その一方で、キャッシングが身近な存在になってしまったからこそ、欲に任せたままお金を引き出してしまい、結果的に返済に困窮する人も珍しくありません。当然ですが、学生ローンは借金です。返済義務があることを忘れずに、節度をもった利用を心掛けましょう。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス