\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、今すぐ学生ローンしたいけど審査が不安という方に、今すぐ借りれる学生ローンをご案内します。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム


少し前に、当日のうちに学生ローンしてほしいなと思って、モバイル機器から借入れ申し込みをやってみました。モバイル機器から申し込んだら、手続きにかかる時間が短くなるため、キャッシングの振込までの時間が思いっきり短縮できるためです。おかげで、数時間くらいで振り込んでいただきました。お金を借りなければいけない時誰に借りるのが良いのか迷う人が多くいます。基本的に、親族などの身寄りのある人、親しい友人などから借りることをおすすめします。ですが、親族がいないなどの事由があって、一定の収入を得ている場合には銀行などに貸付を申し込んだり、カードローンの利用などで貸付を申し込むやり方もあります。キャッシングを利用する理由は、急遽お金が必要になった時だと思います。ネット申し込みのキャッシングサービスの多くが、スピーディーな審査で即日融資できるようになっています。申し込みが朝だとしたら、晩には指定した口座に希望した金額が入金されている、といった話もあります。これほどまでにスピーディーな融資が可能なので、万が一の時にも頼りになると思います。例えば、退社後に約束があるけれどちょっと財布が心配という時には、休憩中にサイトから申し込んで、退社後、対応したATMで振り込まれたお金を引き出して使うこともできます。当日中になんとしてもお金が手元にないと困るけれども、手元のお金が乏しいといった悩みを常に持っている、そんなあなたには、その場でお金の融資を受けられる学生ローンが何よりオススメとなっています。学生ローンを行っている会社の多くでは、その日のうちに融資するというサービスがあるので、学生ローンに必要な手続きをしたら、即日でお金の融資を受けることも決して難しくありません。学生ローンを組むとなると心配事がいくつか出てくると思いますが、その中でも一番注意したいのは、会社が設定した金利の割合です。コマーシャルでもカードローン会社の宣伝は一つではありませんよね。そして、コマーシャルで宣伝している金利の割合は、それぞれの会社で違っていますよね。高い金利であれば、それだけ利息も高くなってしまうわけです。その為、出来るだけ金利が安いところで学生ローンを組むのが一番ですね。借入をしたお金の返済方法は、その業者ごとに違います。多くは、指定されている口座へ振込むか、口座からの引き落としと二種類です。どちらを選ぶかは決めることができます。けれども、指定した方法でしか返済できない業者や、業者によっては一つの返済方法しか無いことだってあるので、広い選択肢のある方法を提示している業者を選びましょう。その人の年収の3分の1までを借入の限度とする総量規制という決まりが適用されるのが学生ローンです。でも、この法律というのは消費者金融のフリーキャッシング、または、クレジットカードにおける学生ローン枠を用いた借入で適用されることになっています。金額に関係なく銀行の学生ローンの借入は対象外となります。ちなみに、どういった契約であっても、借入を行うのが銀行だったら、総量規制に該当せず、対象外となります。消費者金融はこれまで利用しようとしたことはありませんでした。お金を返済できなかったらどうなるのか心配で不安だからなのです。あと、延滞をしてしまった時に、利息も含めていかなるペナルティがあるのかよく知らなかったからです。ですので、可能な限り自分のお金は余裕を持って使っていくことを心がけています。数多くの業者の中から、カードローン選びに迷っているのなら、大規模な業者を利用するのが最も良いでしょう。それ以下の業者と比べて使いやすさが断然違います。家に居ながらインターネットでも申込め、急な借入や返済も全国のコンビニATMで行え、利息の要らない期間がサービスで設けられています。各々が異なるサービスを用意していることがあるので、そういったサービス内容で検討するのもよいでしょう。いまどきのカードローンは利便性が著しいです。申込みひとつとっても、時間も手間も短縮されて、利用者にとっては嬉しい限りです。いまなら借入に関わる一連の流れをPCやスマホアプリを使って出来るweb完結というものも現れて、電子化の恩恵もあってか審査も早く、即日融資が当然になってきています。提出する書類があれば、デジカメやスキャナなどで撮影したものをアップロードしたり、メールに添付して送ります。どこが学生ローンの中で最速なのかとよく質問されますが、近頃では、大手の銀行がすごく早いと聞く頻度が高いです。最短だと30分ほどで審査できるところも出てきているそうです。審査に時間がかからないので借入金が振り込まれるまでも短くていいですね。これから新たに借り入れしようと思ったら、他社で借り入れした経験がある人は注意しなければなりません。過去に延滞の履歴があるときはとくに審査に通らない可能性もあります。延滞履歴が残っている間でも借りることができないわけではありませんが、もし融資が受けられても金利面で納得がいくものでなかったり、不自由はあるようです。なかでも長期(3か月?)の延滞履歴があると、新しく借り入れを行うことはほぼ無理だと考えたほうが良いです。実際にキャッシングを利用した時、どのように融資を受け取るのでしょうか。具体的には、業者から発行してもらったカードを利用してATMから借入金を受けとることができますが、インターネットを使って銀行口座に貸付金を振り込んでもらい、のちに引き出す方法もよく利用されている方法です。中でも、後者の方法であれば、カード不要ですのでもし、財布を失くしてしまった時も使うことができます。キャッシンぐをする場合に、一番安全な利用法は、借りる前から必ず返済できるという予定が立てられているときのみお金を借りる、ということだと思います。お金が必要になった時に、学生ローンでお金を借りるなら、次の月とその次の月の給与など、返済できる保証を考えてその予定を動かさないことそれが学生ローンを利用した時のお金の返し方のポイントでしょう。次の給料が入ることがわかっていても、「いま足りない」ということってありますよね。そのときキャッシングできるよう、カードを作っておけば安心です。冠婚葬祭や急な立替金などでもキャッシングの便利さを感じるでしょう。借りるときも小額で抑えておき、次の収入で全額一括返済すれば利息がかからないケースもあるので、そういったところを利用するのも手ですね。一人暮らしでも、実家暮らしでも、社会人なら自分にふさわしいカードを探して契約しておくべきでしょう。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス