\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、今すぐ学生ローンしたいけど審査が不安という方に、今すぐ借りれる学生ローンをご案内します。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム


収入以上のものを手に入れるには、借金がつきものです。しかし最近はウェブやコンビニATMを使えば気軽に融資を受け取ることができるのです。このようなシステムをスマートに使うには、使う人間の自制心や、金銭のバランス感覚が不可欠でしょう。でないと場合によっては危ないことにもなると思います。銀行の融資窓口や消費者金融の店舗では会話をしていくうちに冷静になって、より良い決定ができるかもしれませんが、非対面方式で同じことができるのかはわかりません。自分はどんな人間なのだろうと考えると、有人契約も良いのかもしれませんね。主婦がキャッシングしようと考えた場合に、夫に知られたくない人が多く、ついついバレるのがイヤで実行できずにいる人が少なくないようです。本当のところは一般的な金融会社ではパートなど定職に就いている主婦は夫やそれ以外の身内など誰にもバレることなく学生ローンする事ができるのです。銀行や信金等日本における金融機関の種類によって借りることのできるお金の限度額が違っており、数万円くらいの小さいものや即日融資のみならず、数百万円にもような及ぶ大口の融資に関しても条件さえ満たしていれば受けることができます。申し込みをしてから融資してもらえるまでの時間が短く、実際にすぐお金を手に入れることができますから、多くの人がいろいろな場面で役に立てています。実際お金が必要になったときには、カードで借りるという方法が幅広く利用されている方法でしょう。どんなにスマートな呼び方をしていても、結局は借金なのが学生ローンになります。できれば使いたくないものです。ただ、人生何があるか分からないので、備えにとりあえず契約しておくのもいいかもしれません。必ずしも契約と同時にお金を借りる必要はないのです。余裕がある時に契約だけしておき、本当に困った時に使うといった上手な使い方をすることも可能です。学生ローンを希望するときにまず思いつく会社名がアコムという名の会社です。アコムのCMソングを誰もが口ずさめるほど、身近に感じられる会社です。しかも、サービス内容がたくさんあって、申し込むときもパソコンやスマートホンで何時でも気軽にできるので、利用されているたくさんの方にとても評判が良いです。プロミスのキャッシングを申込むには、インターネットが最も便利ですが、店頭窓口や電話、ATMからも申込みできるのです。また三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を利用されている方であれば、受付が済んだ後、およそ10後には申請した金額が入金されるサービスを利用出来るという特典があります。特に女性の方には、専用ダイヤルもありますし、何より申込みをしたその日から30日間は利息がかからない期間があるのもプロミスのキャッシングを利用する最大の魅力といえるでしょう。社会人一年目は大変でした。同期は自宅通勤で、私は一人暮らし。みんなと同じように夕食や飲み代を払うことも多く、お財布の中身が乏しくなり、自分の昼食に困る状態になりました。光熱費はクレカで払えるな。。。そうだクレカがある。学生ローンを使えば万事解決です。限度額は50万円と余裕がありますし、いちいち審査を受けなくても手軽に借りることができ、毎月均等払いで返していけば良いので、出費も把握できます。でも、便利に使っていたら、いきなり慶長費用も必要だったりして、すぐに学生ローンの上限に達してしまって、あわててボーナスは全額返済にあてることにしました。学生ローンだけの話ではないのですが、実際にお金を借りようとした時に、貸す側にとって一番大切なことと言えば、借りる側の返済能力の有無です。ですので、住宅ローンの審査を受けようと思っても、カードローン利用が原因で、住宅ローンの返済が見込めるか、その能力があるのか、などの不安要素によって都合が悪いと言えますね。学生ローンの借入を行えるのは20歳以上ですが、それの上限は、消費者金融はほぼ69歳、大半の銀行では65歳までとされています。これは申込を行った際の年齢で、更新審査の時に自動的に年齢も更新され、既述の年齢を超えれば解約されます。契約の更新は消費者金融では5年おきに、銀行は1年に1度更新されます。学生ローンや学生ローンとは、貸金業を営む所からあくまでも金額的には少ないお金の貸付けをしてもらうというケースなのです。まず考えつくのが、融資をしてもらいたいとなれば、連帯保証人を用意したり、所有する自宅や土地を担保にしなくてはなりません。ただし、「学生ローン」というのは特徴があり非常に面倒になってしまいがちな保証人や、担保の用意をする心配がない気軽に利用できる借り入れ手段です。身分証明書(運転免許証やパスポート、保険証など)さえあれば、余程のことがない限りは貸し付けをしてもらえます。カードローンの決め手となる目安は千差万別であるといえるでしょう。金利だけを比べて選びがちですが、借入や返済のとき近くのコンビニATMでの手数料はいくらかや、支払いが出来るように返済日を給料日の後に設けるなどその人の都合に合わせて利用することも可能です。金利が低ければ低いほどいいとそこを選んでしまい、自分には使いづらい学生ローンだと悔やまないためにも慎重に選びましょう。当日すぐにお金がなければ困るのに、手元のお金が乏しいといった悩みをいつも持っているという人には、当日中にすぐにお金を借りられるキャッシングの利用がお勧めです。大多数の学生ローンを扱う会社では、その日のうちに融資するというサービスがあるので、いくつかの手続きを済ませれば、当日中にお金を借りることもできるのです。無料で学生ローンを利用できるわけではないため、金利を取られます。業者によって金利は異なりますが、一般的には、融資額が大きくなると低金利になります。消費者金融系のカードローンだとよく5%から18%といった金利を見かけますが、融資額が少額だと、高金利での契約がほとんどでしょう。それに、この金利は1日ずつの日割りで算出していきます。たとえ周到な返済計画を立てていたとしても、思いもかけないトラブルなどが原因で、返済日を忘れ、ギリギリになって思い出して青ざめたという人も珍しくありません。仮に滞納してしまうと信用情報に傷が付くので、慌ててしまう気持ちも分かりますが、まずは落ち着いて学生ローン業者に電話しましょう。その業者によりますが、当日に残金不足で引き落としできなかった場合、時間をおいて再度行うケースがあります。最終的な引き落とし時間に間に合えば、無事に返済日の引き落としとして処理されるはずです。どうせ間に合わないと諦めて放置することが一番危険です。状況を説明し、返済の意志があることを伝えれば、業者側も最善の対応を考えてくれるでしょう。殆どの人は、できるだけ金利の低いキャッシングを利用したいでしょう。事前にいくつかの金融機関のキャッシングサービスを検討し、どのサービスがお得に利用できるかチェックしてから申し込むはずです。業者の中には新規の場合のみ最大30日は無利息で借り入れることができる特典が付いていますから、下調べは確実にしておきましょう。業者選びに失敗したなんて後から悔やまないように、時間をかけて比較検討するようにしましょう。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス