\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、今すぐ学生ローンしたいけど審査が不安という方に、今すぐ借りれる学生ローンをご案内します。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム


クレジットカードとは別の、ローン用のカードはたとえ限度額があっても、あとの分をショッピングに充てることはできません。けれど、クレジットカードの学生ローン枠なら、現金で借入が行えるので、その分を利用することができます。クレジットカードを使った借入は情報上は学生ローンを利用したときと同じように、年収の3分の1以上の借入が禁止となる規制の対象です。金融機関の提供するキャッシングサービスに申し込む場合、必ず身分証明書のコピーが必要になります。代表的なものは運転免許証ですが、なければ健康保険証、パスポートなどでも大丈夫ですし、一種類でよいので、例えば、免許を持っている人であれば保険証の準備は必要ありません。もし、このような書類が用意できないという場合は、住基カード(住民基本台帳カード)や個人番号カード(マイナンバーカード)でもOKなところもあります。前に、30万ほどを学生ローンで借入できるかと申込みしたのですが、駄目だといわれてしまいました。どうしてかというときっと、まだ就職したてということもあり、そこまで信用がなかったのだろうと思うので、原因はそれだったんだろうと思います。しょうがないので、10万まで引き下げることにし、その金額ならオーケーと言われなんとか審査に通りました。銀行の窓口と違い、学生ローンは休日でもお金を借りられます。消費者金融はサービス業としての側面が強いので、カレンダー通りに動くわけではありません。元旦や大晦日以外、年中無休で朝9時から夜9時までを営業時間と定めているキャッシング業者が多いです。当たり前のことですが、この時間は借入の申込も可能ですから、たとえキャッシングをしたい日が日曜日であっても、時間帯によっては、その日のうちにお金を手に入れることができます。今の学生ローンはコンビニでも借入れできるものがかなり多いです。行きつけのコンビニのATMで簡単に借り入れができるので、買い物をするついでにキャッシングも出来て、評判がいいです。お金を借りるのも返すのも、コンビニから可能である場合がほとんどですね。はじめてクレジットカードを作ったときのことを覚えていますか。新入社員の研修が終わった頃に作ったのが最初の一枚です。それまでネットの買物は親のカードで決済していましたが、やっと自分のカードが使えます。カードは不在時に書留で配達されたので、転送してもらって勤務先で受け取りました。クレカを作ったのを昼食のときに話したら「それ、お金いくら借りれるの?」と聞かれて確認すると、キャッシング枠があるじゃないですか。申し込むときに20万円までに設定しましたが、最大で50万円までならカード1枚で借りれるんです。便利だけど、そのときはちょっと怖いなと思いました。同じように思った人もいるのではないでしょうか。キャッシングでなるべく早急でスムーズにお金借りる方法は、パソコンやスマホでオンライン申込みをすることがおすすめです。対面で申し込む必要もなく、家などでくつろぎながら24時間365日いつでも手続きができてありがたいです。ネット審査も早くて平均1時間程度で審査結果が分かるので、すぐに契約手続きができます。利便性が高い学生ローンのカードですが、できるだけ早く入手する方法としては自動契約機を使うのが良いでしょう。夜中まで開いていることが多く、仕事や家庭の都合で日中は時間をつくれないという場合でも問題なく手続きを完了できます。予めネット等で申込みを完了させているなら、自動契約機での手続きをパスできるので、よりスピーディにカードを受け取ることができます。このように、自動契約機であれば、すぐにカードを入手できますし、必要ならば併設されたATMでキャッシングできるので、とても便利です。今の時代、スマホを使って簡単に申し込める学生ローンは、生活に身近なものとなっています。貸付金の受け取り方もさまざまで、そのまま現金で借りたければ、近くのコンビニへ行って、ATMから貸付金を現金で引き出すことができるでしょう。受け取り方法を銀行口座への振り込みにすると、全ての手続きをネットだけで完了することができるのです。もちろん、返済もコンビニATMやネットバンキングを通じてできますから、お金が用意できればすぐに返済手続ができます。無計画な学生ローンは避けて賢く利用すれば、急遽お金を用意しなければならない時などに最適なサービスだと言えます。学生ローンは、消費者金融などの貸金業者より数百、数千といったその他のローンとは違う少額を貸してもらうということを指す言葉です。基本的に、何処かの会社から借金をするのであれば本人以外にも保証人が必要だったり、土地などの担保も必要になります。ただし、学生ローンと呼ばれる借金ですと、わざわざ保証人や担保など借金のカタになるものを渡さずに複雑な事柄を省いてスピーディーに申し込みが可能です。運転免許証などの本人確認が出来るものを用意すれば、お金を貸してもらえるので非常に便利だと言えます。キャッシングは審査さえ合格すれば、限度額の範囲内なら何度でも借入を行うことができるので、ずっと使っていると感覚が鈍ってしまい、お金を借りているという感覚が欠落してしまいます。ですが、消費者金融やクレジットカードを利用して買い物をするのも借入をするのと同じですので、借り入れる前に返済計画を作ることを怠らないでください。学生ローンの際には審査が行われることになっており、それをクリアしないとお金を貸してもらう事は可能になりません。個々の消費者金融で審査のポイントは異なるので一様にどのような事に神経を注げば通過しやすいかというのは言えませんが、所得が大変関係しています。キャッシングを審査を通さないで利用したい、なるだけ審査が比較的少ないところで借りたいなどといった悩みを抱える人も多くいると思います。銀行のようなところでは、基本的に審査が厳しくなっていますが、消費者金融では割と甘い審査で学生ローンのできる場合があります。学生ローンを複数の会社で利用するにあたっては借入金額の総量規制があるので、各社の利用可能額の合計がどうなっているかを計算して借り入れの申し込みを行わなければなりません。消費者金融会社が、こうして総量規制を設定しているのは、学生ローンの利用者が多くの金額を借り過ぎてしまわないための措置であり、その上限は年収額に応じて決められるので、自分の学生ローン利用額が今いくらなのか確認して判断しなければなりません。今よりも低い金利の業者に借り換えするのはとても使える方法です。さらに、いくつもの借入先があるケースでは、借り換えで一つにまとめることができるのであれば、その方がいいです。一本化を行うことで返済先が一箇所で済むため、忙しくても返済忘れがなくなりますし、借り入れの金額が多くなることで低金利にも繋がります。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス