\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、今すぐ学生ローンしたいけど審査が不安という方に、今すぐ借りれる学生ローンをご案内します。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム


きちんとした消費者金融では担保が必要ない代わりとして必ず審査を受ける義務が発生しますから、審査なしで融資してくれるところはないはずです。街中の消費者金融の看板の中で、担保なし、審査なしで貸しますと書かれている広告もあるものですが、これは法にひっかかる金融業者ですから、お金を借りてしまうと、法律の規定金利以上の額を請求されますので、お金を借りないようにしましょう。学生ローンで同じ額を借りると仮定したときの年率は、審査基準の甘さ(厳しさ)に準じた適用がされているみたいな気がします。わずか何十分のスピード審査や即日融資を謳っている会社より、融資の待ち時間が長いところはそれなりに、金利が低かったり、500?800万もの融資が受けられるなどの「スピードに代わる魅力」があるのです。金銭的なメリットと時間のメリット、あなたが選ぶのはどちらでしょうか。上手に使い分ければだいぶトクすることができるでしょう。なにより自分に合っていることが大事なのです。利便性が高いキャッシングのカードですが、できるだけ早く入手する方法としてはお近くの自動契約機を使って手続きするのが一番です。店舗窓口よりも遅い時間まで手続きできるので、仕事や家庭の都合で日中は時間をつくれないという場合でも使いやすいハズです。もちろん、先にインターネットで手続きをして審査まで完了しておけば、よりスピーディにカードを受け取ることができます。このように、自動契約機ではカードがその場で発行されるので最も時間がかかりません。なお、自動契約機の隣に置かれたATMを使えば、発行されたカードで学生ローンできます。利便性が高い学生ローンですが、審査に通らないと融資は受けられませんから対策を練っている人も多いのではないでしょうか。でも、合格したいあまりに嘘の申告をするようなことはしないでください。申請者の返済能力と信用を見るのが審査の目的ですから、学生ローン会社も申請内容の裏付けを取ります。勤務先や年収などで嘘をついたら、真っ先に審査落ちの対象になりますし、たとえ審査に受かったとしても、返済が滞るなどで申請内容の虚偽が発覚すれば、一括で返済しなければいけなくなったり、契約解除され、一切お金を借りられなくなります。このような情報が信用情報機関に登録されると、他の業者からもお金を借りることができなくなりますから、嘘は書かない方が賢明です。クレジットカードを作る際に学生ローン枠の存在を疑問に思われた方もいるのではないでしょうか。これはその名の通り現金を貸してもらえるサービスです。利用を希望する場合、申請時に貸付希望額を申請するのですが、審査の結果によっては希望通りにいかないことも多く、あくまで年収等の3分の1までしか借り入れることができない総量規制による制限から申請を断られることもあります。また、クレジットカードのキャッシング枠は、専門の学生ローン業者の学生ローンと比較しても、高金利です。いま使っているクレジットカードでお金も借りられるのは楽だとは思いますが、すぐにクレジット会社に申請するよりも、さまざまな業種のキャッシングサービスを確認してからご自身のニーズに沿ったサービスを選ぶようにしましょう。キャッシングはクレジットカードに付帯されているものを利用して融資を受けるということは手間もかからずに非常に便利なことなのです。問題なくカードを作ることが出来たのであれば審査はキャッシング利用の場合についても併せて通過しているということにつながりますから、お一人お一人に割り当てられている融資可能額まではたとえばATMなど、利用しやすいご希望の方法を選んで面倒な段階を踏まずにとってもスピーディーに学生ローンをすることに成功しますので是非参考にしてみてください。現在、債務整理中なのに、学生ローンなんて許されるものなのでしょうか。これがズバリ、できるんです。隠していれば誰も咎めることはないため、業者によってはキャッシングに応じてくれることもあります。しかし、そのことが発覚してしまったときには裁判所の免責許可が下りなかったり問題は決して少なくないのです。なぜあなたは債務整理を行うまでに追い詰められたのか、事前によく考えた上で行動することが必要です。最近の学生ローン利用者の返済動向を見ていると、支出が多い世代にフィットするリボルビング払を選択する人が少なくありません。利息を上乗せすることを考慮しても、毎月の返済額がずっと変わらないわけですから、生活を圧迫することなく地道に返済する人向きとも言えます。あとから必要に迫られて借り入れしなければならないときも、融資条件までなら借りれて、しかも返済額は不変なので無理のない収支計画がたてやすいメリットは見逃せません。コツコツ返していく派の人にもお薦めです。前に、30万ほどを学生ローンで借入できるかと申込みしたのですが、断られました。想像するに、まだ職に就いて日が浅いということもあり、信用されにくかったと思うので、それが原因だったと思います。仕方なしに、10万円にまで引き下げることにし、その金額ならいけると言われやっと審査に通りました。法改正により、新たな貸金業法が2010年6月に完全施行されました。そのため、それ以前に高金利でキャッシングしていたという人は、過払い金が発生している可能性が高いです。法改正以前の学生ローン業者には、制限利率を超えた貸付を行っていた業者があります。そこでのキャッシングの返済時に支払った、違法な金利分を過払い金と呼びます。元本の額によっても少し変わりますが、年利が20パーセントを超えていた場合は、過払い状態になっています。発生している過払い金は業者に請求することで取り戻せる可能性がありますが、完済してから10年以上経っているという場合は時効になりますので、該当する可能性のある人は早急に請求手続きを取りましょう。学生ローンを利用して借りた金額は返済日が決まっており、その時に支払いを行っていきますが、できるのであれば一括返済をしても大丈夫です。まとめて返済する場合には、当日までの金利が日割りで算出されて、それを含めた全部のお金の支払いをします。支払い回数の残りが多いケースだったら、一括返済を行うことで大幅に金利を下げられます。臨時収入などで一度に返済できそうなチャンスがあったら、全額返済を最優先にして、1円でも少ない金利に抑えましょう。学生ローン会社が儲かるシステムは、借入を行っている人から受け取る金利が利益の元となっています。キャッシングは割と容易に借りることが可能ですが、その分だけ金利が高いですから、返済回数が多くなるに従って、多くの金利を払うことになります。分割なので、ちょっぴり多めに借りようかなという気を起こさずに、計画的に利用するようにしましょう。お金が要るのに資金繰りが難しい、という時におススメなのが、わざわざ店舗や現地に赴かなくてもすべての契約が済ませられる、ネットの学生ローンサービスです。個人的に用意するものは免許証などの本人確認書類だけで、早ければ、当日にはもう借入が可能になるはずです。ネット契約が学生ローンの主流になっていることは、周知されているかというと、そうでもなく、金融機関からお金を借りるこということに迷っている人が一定数以上いるでしょう。悩んで時間を浪費するよりも、気軽に申し込んでみるのも良いでしょう。私事ですが姉が借金トラブルでどうにもならなくなり、債務整理することになりました。信じられないような話ですが、ランダムに送られてきた見知らぬ相手からのメールに心動かされ、高額の借金をクレジット会社に返済しなければならなくなったのです。それに加え姉は、精神の病を患っています。何の問題もないかと思えば、同一人物とは思えないほどの変わりようを見せたりするのです。まさか騙されているとは思いもしなかったため、当然のことのように借りに行き、借金してしまったというわけです。巧妙な詐欺被害にあわないよう、日ごろから十分注意を払いたいものですね。さまざまな学生ローン会社があるものですがセゾンはとても勧めたいと感じます。セゾンは大手の学生ローン会社ですので心配しないで申し込む事が出来ます。サイト上で申し込みをすれば借入れ金の振り込みも早くしてくれるのでどこよりもオススメだと評価されています。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス