\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、今すぐ学生ローンしたいけど審査が不安という方に、今すぐ借りれる学生ローンをご案内します。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム


独立して、個人で生計を立てるようになってから数年です。収入では、余裕のある時もあり、その逆もありますね。アクシデントで、ディスプレイに不備が出てしまったので、パソコンが急きょ必要となり、今回はキャッシングでの購入を検討していますが、過去にローンの審査などをしたことがなく、どんなものか把握できていないのですが、アルバイトや正社員ではない私でも使えるのでしょうか。簡単にお金を借りようと思うならば、ぜひ使ってほしいのが、学生ローンサービスです。中でも、インターネット上ですべての手続きを終わらせてしまうものは手軽で人気が高いです。免許証さえあれば、最短で、当日中に融資を受けることができます。このような契約方法は、あまり知っている人がいないので、まだ学生ローンそのものに迷っている人が一定数以上いるでしょう。あまり頑なにならず、いざという時のために一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。このごろのキャッシングの審査といえば、緩くなってきているように感じます。借金というだけで大変なものと認識されていた時代には、普通に申し込んでも即日融資なんて論外だったのです。本当に、いまは違うと感じます。保証人不要というのがもはや普通ですからね。最短何秒や即日融資の謳い文句どおり、超速で借りることが出来ます。ダメならほかのところでやり直しもききます。ユーザー本位とでも言うのでしょうか。青くなるほど苦労していた頃を思うと、嬉しい風潮だと強く感じます。近年の学生ローンの変化は目をみはるものがあります。申込ひとつとってもインターネットで済むことが普通になってきました。いまから借りる人は知らないと思いますが、昔はネットで申し込んでも、それだけでは終わらなかったですから。でもネット申込と言ってたんです。不思議ですね。いまはよっぽど高額を借り入れるのでなければウェブだけで融資が受けられます。忙しくても、帰宅してほんの少しPCやスマホと向きあうだけで安全にお金を借りられるなんて、こういった風潮は利用者にとっては便利でありがたいです。私の頃にはなかったサービスなので、これから利用する人がうらやましいですね。法律を遵守している消費者金融では、担保が無い代わりに必ず審査を受ける必要があるため、無審査でお金を貸してくれるところは全く存在しません。街中の消費者金融の看板の中で、無担保、無審査でお金を融資しますと書かれた広告があったりしますが、これは違法な金融業なので、借金をしたりすれば、違法な額の金利を請求されるため、注意してください。近年、貸金業法が改正され、それに伴ってキャッシングの金利設定は、全金融機関で従来よりも引き下げられています。それ以前の借り入れがある場合には、規制以上の利息となっており、過払いになっているかもしれません。この過払い金返還請求は時効前に行う必要があります。自分が返済した金額と金利をよく思い出し、完済後でも返済中でも可及的速やかに専門機関にアドバイスを求めて、返還手続きができるようにしてください。何社まで借入先を利用していいのかというのは結構苦悩するところでもあります幾つかからの債務があると返納が難しくなってしまいますが、どうしても借入したいのなら複数以上使っていてもいいでしょう。序々に条件は難易度を増しますが、審査を通過できたら使用することができます。実際に学生ローンすると分かるのですが、審査の度に、職場にまで在籍確認の電話がありますが、結構面倒ですよね。とはいえ、身内でもなく顔も知らない人間に快く融資に応じてくれるなんて、あり得ない事だと思います。仮にお金を無条件で貸してくれるとなれば、それは社会常識が通用しない場所だという事です。カードローンでも、全く一緒です。学生ローンにおいても絶対に審査は必要なものですから、避けて通ることは出来ません。返すお金がなく、1回でも債務整理をしたら、例外はあるものの、カードローンは全てご利用できなくなります。その理由は、債務整理を行った事実が信用情報機関に保存されているためで、他のローン契約も記録が残っているうちは一切不可能でしょう。最低5年が信用情報の保存期間なので、もう一度、カードローンなどの契約を行うためには、その年限が過ぎるのを余計なことをせずに待ちましょう。初めてアコムで借金すると長くて30日間は利息を払わなくていいそうです。先ほど、そこのページで閲覧しました。それなら財布のお金が少し充分でないときに割りと気安く用いることができると思います。私は今、家用の掃除機であるルンバが欲しいのですが、それを買うために活用しようかなと思いました。給料日はまだ先なのにピンチ、という時には便利な手段として学生ローンがありますが、専業主婦にとっては関係がないこと、と思い込んであきらめる方も大勢いらっしゃるかもしれません。知らない人も多いようですが、専業主婦でも融資を受けられる学生ローンも存在しています。専業主婦でも大丈夫なキャッシング会社では、配偶者に定期的な収入があれば、審査をクリアすることが可能です。現在、借りている業者よりも低金利の業者に借り換えるというのは、非常に有効な方法でしょう。また、いくつかの借入先が存在する時には、借り換えでまとめることが可能なら、その方がいいです。この一本化を行えば一箇所だけの返済で済むので、簡単に返済の管理をすることができ、高い額の借り入れになって、低金利となる可能性もあるのです。借金というと眉をひそめる人もいますが、誰でもお金を借りた経験はあるでしょう。マイカーや不動産購入などは現金よりローンで購入するのが一般的ですし、学生ローンやショッピングのカード払い(リボ・分割)なども借金です。こうしたサービスは不可欠ですが、当然ながらサービス料(金利)がかかります。長期ローンを組むと月々の返済はラクですが、利息負担が大きくなってしまうので、結局は、早く返すのが一番「安上がり」です。ローンと現在の銀行の定期預金の金利を比較すると、ローンの金利のほうが高いので定期預金で利息を稼ぐより、銀行預金で借金を早く消すほうがずっと節約になります。ブラックリストに名前が載ってしまったあとでも、新たに借り入れできる金融業者があります。しかし、CMや広告などで世間に認知されている大手金融業者や手堅い銀行などは申し込んでも断られてしまうので、結局は、中規模クラス以下の消費者金融に申し込むわけです。脅かすわけではありませんが、そういった金融業者は名前で評価されることがないので少しくらいの悪評は気にしない場合がままあります。よく考えて利用しなければいけませんね。虚偽の報告をして学生ローンの申し込みをしたとすると、私文書偽造として刑事罰を受けるおそれがあります。もっとも、嘘を書いたとしても審査中に判明して落とされるだけでしょう。会社としては実害発生前なので、通報することはなさそうですが、被害が出ていれば通報する、未然阻止ならしないというスタンスかもしれません。どのみち、詐称して融資を受ける(受けられる)ことはまず、ないのではないでしょうか。考えてもみてください。嘘で融資を受けたとしても、判明すれば全額一括返済は確実で、借入停止でまともな会社はどこも利用できなくなってしまうというリスクは必至です。正直に申告して借りられる額だけを借りたほうが現実的ではないでしょうか。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス