\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ > 広島県

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、広島県で誰にも内緒で今すぐ学生ローンしたい方におすすめのローンをご紹介しています。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンのおすすめ

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム

インターネットが日本だけでなく世界的にも普及するようになってからは、誰でも簡単にPCやスマートフォンを使ってお金を借りられるようになり、時間や場所を気にする事なく気軽に利用できます。ただ学生ローンを利用する場合にはいくつか条件があり、18歳以上もしくは20歳以上の方で仕事に就いている人、また毎月一定額のお給料をもらっている人に限られています。それからキャッシングを利用する際の利子も会社によって様々なので必ず確認が必要です。多少なりとも金利の安い会社で学生ローンできるように、いくつか比較しながら検索しておくと良いですね。通常、キャッシングを利用したら必ず返済期日までに借り入れした分の金額に利子を合わせて支払うことになっています。もし一度でも支払いが遅れてしまうと、業者から一度に残りのお金を請求される可能性も十分にあります。なので、どうしても返済出来ない時やお金を用意するのが難しい場合は、業者に前もってその旨を伝えましょう。そうする事で、いきなりの督促が来ることもなく、今後の対応について相談することも可能だからです。時々、学生ローンはどこがお薦めなのと訊かれることがありますが、銀行系の良さは見逃せません。4%台からと金利も低く、クレカのキャッシング枠とは比較にならない限度額(?500万円)が小規模な融資はもちろん、大きな額を必要とするユーザーには特に魅力的に映るでしょう。市民から評価される銀行が後ろにあるということは、ダークなイメージとは無縁です。その代わり、審査のハードルは少し上がるかもしれませんから、ユーザーの声などをウェブで集めてみて、借りやすそうなところを探すのが大事です。ひと手間かけるだけのメリットはあると思いますよ。お金が突然必要になり学生ローンを利用したいと思っても債務整理中だからお金の借り入れはできないと諦めている方は多いのではと思いますが、諦めるのは早すぎるようです。よく確かめてみると債務整理中であったとしてもお金を融資してくれる金融機関はあります。諦める以前にじっくり探してみると良いと思われます。例えば学生ローンの審査に通らなかったとき、原因はなんだったのか考えねばなりません。業者を変えたとしても審査内容はあまり変わらないので、どうしてそうなったか心当たりをつけない限りまた同様の理由でほぼ結果は同じと言えるのではないでしょうか。よくある理由に希望する額が収入に比べると多いことがあるので、次回の申し込みの際には希望する額を少なくしてみましょう。旦那さんの給料で返すということで、主婦が借入を安心して行えるような、夫に隠れて契約手続きが行える方法が、実はあります。その方法とは、配偶者の同意書の提出義務が無い銀行を選ぶ、ということです。同意書の提出というのは法律で決まってはいないものの、提出を求められる銀行とそれを必要としない銀行とがあります。借入を行ったことを知られずに行うには、配偶者の同意書不要とする銀行で契約をしましょう。プロミスでの学生ローンを申し込む場合、店頭窓口やATMだけでなく、どこに居ても利用可能なネットや電話からも直接申込みすることが可能です。『三井住友銀行』や『ジャパネット銀行』の口座を利用されている方であれば、キャッシング申請の受付が完了しておおそよ10秒後には、指定口座にお金が振り込まれるサービスをお使い頂けるのです。また女性には嬉しい専用ダイヤルや30日間の無利息期間を設けているのもプロミスのキャッシングが人気の理由といえるでしょう。借金を返済する場合は決められた手順でこれからの計画を練り、滞納しないように心がける必要があります。返済が滞ってしまったらそれまでの利息に上乗せされた遅延損害金を払わなければなりませんし、信用情報にもデータが残りこれから借り入れが不可能になるので、注意しなければなりません。学生ローンサービスについてPCやスマホで検索すると、数分で審査を済ませて今すぐにでも借り入れ可能だと表示している金融業者も決して珍しいことではありません。ただ、スピーディーな貸し付けだけをウリにしている場所はトータル的にプラスアルファで手数料が高額になったり違法営業をしているような業者である場合もあるので慎重に内容を確認していく必要があるのです。ポイントとしては、審査判定を怠らない業者ですと正々堂々と営業出来る金利を提示していることが多いために心配なく学生ローンをすることが出来るのです。スピード審査が売りの学生ローンでも審査はあって、なかでも在籍確認はもっとも確実な本人確認の手段であり、省かれることはありません。もっとも、最近はプライバシーを尊重して、一定の条件のもとで勤務先への電話確認を省略できるところもあるようです。名前の通ったところではモビットとかプロミスなどがあります。どちらも銀行系ですが、特定の銀行に口座があって、給与の明細書、社員証や社保(組合健保も可)の保険証を持っている場合は、在籍確認に替えることができます。ただ、その人の前歴や勤務年数などによっては在籍確認することもあるので事前に確認したほうが安心です。学生ローンで融資を受ける際、即日融資のものが珍しくなくなりました。中でも、消費者金融なら土日祝日でも利用でき、21時までに審査を通過した人は融資が即日可能です。一方で、高額な借入希望については長時間の審査が必要になり、その日のうちの融資がかなわない場合もあるでしょう。当日中の融資が希望である場合は、必要最低限の融資額にとどめましょう。学生ローンの過払い金を請求するTVCMを、最近は目にする機会が増えました。僕が使っていた学生ローンは返済もとっくに終わっていて、現在では小額の利用が中心です。わざわざ弁護士事務所に相談する額ではないでしょう。でも、払い過ぎたものだと考えると、それがあるのかぐらいは知りたい気もします。弁護士事務所にお任せでお金が戻ってくるなら、楽ですよね。一万円未満といった小額のキャッシングを利用する場合は、一括返済できるものなら中には利息がかからずに借りられる期間を設けているところもあるので、利用すると良いでしょう。無利息期間を有効に利用し一括返済してしまえば、手数料なしで借りられることになるので、いざという時にはとても便利です。例え一括返済するのが難しくても、このような金利や手数料がかからずに利用できるところを探す方が、私達、利用者にとっては有利になることもあるので申込みする前にいくつか比較してみましょう。学生ローン大手というと、どんな会社を思い浮かべますか。電車広告などでお馴染みのモビットやノーローン、老舗消費者金融のアコムやプロミスなどが知られています。広告費のぶん高い利息なんじゃと思いがちですが、実際のところ真逆で、大手の特長は利率が低いことです。月々の収支をきちんと把握して利用すれば、大手の低利率の融資を受けられればラクに返済できますし、延滞して結果的に高くつくことを考えたら、最初から利率の低いところを選んだほうがいいでしょう。基準は非公開なのでわかりませんが、最近は学生ローンの審査がひところに比べると早いし、簡単になっていると思います。「甘い」といっても良いかもしれません。これから借りようという人に昔のことを言ってもピンと来ないかもしれませんが、かつては借金というと大変で、普通に申し込んでも即日融資なんて論外だったのです。形ばかりのオンライン化と違い、いまは個人情報確認もスムーズで、提示する書類も減り、即日融資は当たり前、1時間もあれば簡単に借りることが出来ます。ダメならほかのところでやり直しもききます。だからといって借りたい放題はできませんが、やはりストレスなく借りられる時代が来たことをしみじみと思わずにはいられないです。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

広島県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス