\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ > 北海道

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、北海道で誰にも内緒で今すぐ学生ローンしたい方におすすめのローンをご紹介しています。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム


学生ローンは周囲に頼むと気後れしがちな借金を、人間関係の不安なしにでき上手に使えば有難いものです。ただ、毎月の収入や固定支出を考慮せず学生ローンしていると、利子が膨らんでしまい、なかなか元金が減らず、こんなはずではと思う羽目になります。うまく使うには、コツがあるのです。借りたお金はかならず出ていく(返済する)ことを明確にし、自分のボーダーラインを守りながら賢く利用すると、こんなに便利なものはありません。二つ以上の会社から学生ローンで融資を受ける際にはその金額については総量規制を受けるので、利用可能額が各社合計でどうなるかをよく確かめてから申請しなければなりません。なぜ総量規制を設けているのかというと、利用者があまりに多くの金額を借り過ぎてしまわないための措置であり、その上限は年収額に応じて決められるので、自分の借り入れの状況を把握して学生ローンを使うかどうかの判断を行いましょう。直接会うことなく、ネット上で進められる申し込みでは、サイトを通して、学生ローン契約まで可能な「WEB完結」を利用できる会社が増えています。従来の方法なら手間だと感じがちな紙の書類の提出がWEB完結だといらず、デジタルカメラなどで撮ったものを送ればよいのです。普通なら、仕事場へ在籍しているか確認の電話がありますが、勤務状況を確認できる書類を提出すればいいため、会社の営業時間外であっても待つことなく契約ができます。人生で絶対必要なお金を扱う金融機関では、その時々で借りられる限度額に違いがあり、即日融資や数万円ほどの少額融資だけでなく、300万や500万といった大きな額の融資も限度額内なら受けられる仕組みになっています。申し込みから融資に至るまでの流れが速やかでどんなときもすぐに現金が手に入れられるので、お手軽でとても利用しやすいサービスです。借入先の機関が発行するカードを利用して借りるというのが、一番簡単で便利な方法だと思います。今すぐまとまったお金を用意しなければならなくなった時に、殆どの人がキャッシングサービスを考えると思います。学生ローンにはそれぞれ条件がありますが、借りやすいだけでなく、返済のしやすさも考慮してサービスを選ぶと、失敗がありません。総合情報サイトなどを活用すると、ニーズに沿ったサービスを選べます。とりわけ、オンラインの学生ローンサービスなら、早めの時間帯に申し込んでおけば当日中にお金を手に入れることができます。融資を受けるための審査において、書類確認はもちろん、属性審査、在籍確認、信用情報など様々な面で各項目の確認を行います。これらの情報を調査した上で、申請者が借入れした場合に、きちんと返済できるかどうかを見定めます。もし登録した内容に嘘が発覚すれば、信用問題に引っかかるだけでなく審査の時点で落とされてしまうでしょう。具体的な例として既に他社から高額の借入れがある場合、過去に大事故を起した経歴のある方は、通常、融資の審査で通る見込みはほとんど無いでしょう。学生ローンで融資を受ける場合、それぞれの金融機関によって、限度額や審査にかかる時間、実際の融資までの時間やその手順、返済方法にも違いがありますから、ご自身の希望に適した学生ローンサービスを見付ける必要があります。でも、キャッシングサービスを行っている業者は少なくありませんから、希望に沿ったサービスを提供している金融機関は、きっとあるはずです。こうした情報に特化した総合情報サイトなど多くのサービスを比較できるようなホームページを活用すると簡単に希望のキャッシングサービスを見付けることができます。学生ローンを申し込む際、初めての利用の場合には希望する金額の記入が求められます。金額をどうするか迷う場合も多いですが、始めのうちから高めの金額を希望として書くと審査に通らない場合があるでしょう。最初の申込ですから、できるだけ希望の金額は控えめにしておいて、借りたお金を返したという実績をちゃんと積んだ上で増額を申請するという方法がよく行われています。学生ローンとひとまとまりに言っても借りづらさのある学生ローンと気軽に借りられる学生ローンがあります。どちらにしても借りるとするなら手軽に借りられる方を選びたいですよね。どういった所が手軽に借りられるかというのはひとまとめにしては言えません。最近は大手バンクの学生ローンだとしても手軽に借りられるようになっています。学生ローン手続きをしようとする際に気に留めておいた方がいいのが金利です。学生ローンの金利は高いことがほとんどなので大きな借り入れをしてしまった際には毎月の金利も多額になり、返済が困難になってしまいます。現金融資手続きをしようとする時には金利をきちんと計算して借りることがベターです。もし、学生ローンの返済を遅らせてしまった場合には、契約書に記載されたルールに則り、返済遅延についての連絡が契約者の携帯電話、または、有線電話の方にかけられます。その時に延滞分の支払い可能日を報告しておけば、約束した支払日までは連絡は一切来ることはありません。貸金業法によって消費者の不利益にならないようになっていて、連日カード会社から電話で催促してくることはありません。でも、もし連絡した次回の支払日も遅れてしまった場合は、どのような連絡があるか分かりませんから、気をつけましょう。コマーシャルなどでよく見かける業者から小規模な業者まで、キャッシング業者の選択肢は広がる一方です。サービス内容も異なるので、利率はもちろん、様々な条件もしっかりと比較して軽率な選択をしないように気を付けましょう。それでも選択に困るという場合は、大手業者の条件を基準に考えてみてください。プロミスでは、申し込みから1時間程度でお金を貸し付けてくれるうえ、初めてプロミスを利用した人ならば、条件によっては30日間無利息サービスを受けることができます。カードを所有することで借金を知られてしまう心配がある人は、カードレスでもキャッシングができるので、こちらを選ぶと良いでしょう。時間帯によっては、銀行ATMからお金を引き出す時に時間外手数料が発生します。多くても200円程度ですが、そもそも時間が違えば無料であり、引き出しの回数が増えれば手数料だけでも相当な出費になってしまうでしょう。逆に、学生ローンであれば、時間外手数料無料のATMからお金を借りられますし、返済が早ければ数円分の利子しかつきません。時間外手数料を支払ってまで自分の銀行口座からお金を引き出すより、賢い運用方法だと思います。即日で審査が終わり個人契約で保証人や担保を必要としないところも嬉しいです。審査の素早さを強みにしている学生ローンはよく見られますが、そうした学生ローンにも関わらず状況次第では審査結果の連絡が翌日に回ってしまう例もあります。それは求める額が高額な場合、仕事先で職務を持っていることを確かめられなかった場合がメインでしょう。前者の方はどうにもしようがない部分がありますが、在籍確認の場合、その方法は電話一択にかぎらず、書類送付でも受け付けている業者にしたら、借入の審査に時間がとられるのを防げます。学生ローンの種類と特徴について、簡単に説明します。キャッシングにはサービス母体が銀行のものとノンバンク(消費者金融など)があります。銀行が提携している銀行系のサービスについては、総量規制(借入限度額が最大でも年収の3分の1までとされること)がありませんから、無収入の主婦であっても限度額内でお金を借りられます。消費者金融などのノンバンク系は、銀行系より圧倒的に業者の数が多くサービスの選択肢が多くなります。返済期限などに条件はありますが、利子がつかないものもあり、すぐに返せる場合は、こちらを選ぶと良いでしょう。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

北海道の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス