\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ > 福島県 > 桑折町

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、福島県桑折町周辺で誰にもバレずに学生ローンのお借り入れを希望している方に、おすすめのローンをご紹介しています。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム


一口に学生ローンと言っても系列企業の銀行が親会社になって取り扱っている商品と消費者金融があります。銀行が提携している銀行系のサービスについては、融資の合計が年収の3分の1を超えてはいけないという総量規制の対象外になりますし、例えば主婦の方で年収が無くとも、配偶者が安定した収入を得ていれば借りられるという特徴があります。消費者金融などのノンバンク系は、銀行系より圧倒的に業者の数が多くサービスの選択肢が多くなります。無利息期間のあるサービスもあるので、短期の利用には最適です。気になるキャッシング会社の審査項目ですが、収入が安定しており、社会的に信用できる人間かを調べられ、返済能力の有無を基準に判断されます。借入金の使い道については、審査の対象ではないので、借りたお金をどう使っても自由です。期限内に返済できれば、遊興のためにも使えます。しかし、どのような事情があろうと返済日には必ず返済できるようにしておきましょう。もし払えなければ、遅延損害金が発生するので注意してください。近年のキャッシングの変化は目をみはるものがあります。申込ひとつとってもインターネットで済むことが普通になってきました。いまから借りる人は知らないと思いますが、昔はネットで申し込んでも、それだけでは終わらなかったですから。でもネット申込と言ってたんです。不思議ですね。最近では小額なら収入証明も不要で、本当にweb完結です。わざわざ窓口に出向く必要もなく手続きが済むのです。業界の進歩とでも言うのでしょうか。さまざまなサービスの改悪が多い中、こうまで改善されるのは本当に嬉しいことですね。まさに隔世の感です。返済が難しくなると、返済の責任を逃れて借り逃げすることを思う人もいるかもしれません。でも、ほとんど成功しません。法律の規定では、5年間全く返済や借入を行わなければ時効になります。とはいえ、業者に足がつかないように、それまでの生活をすべて捨てて逃げるしかありません。しかも、業者側が裁判や差し押さえなどの手続きをとってしまうと、時効が中断されます。こうしてみると、踏み倒しは相当困難だと言わざるをえません。これからも何度か学生ローンを利用する予定があるのならば、近所や職場の近辺などに対応するATMが設置されているかを一つの判断材料にして業者を選ぶのも一つの手です。考え方によっては、安易な借り入れを控えられるということで、遠く離れたATMを利用しなければならない金融機関の学生ローンを選ぶのも一つの考え方です。しかし、利用しにくいということは、返済もしにくくなるということと同義ですから、メリットばかりではありません。利便性を取るのか、リスクを避けるのか、どちらが自分にとって都合が良いのか考えてみてください。近年のキャッシングは時が経つにつれて便利さを増しており、スマホから24時間いつでも気軽に借り入れをすることができるので、人気を集めています。お店に出向かずとも、スマホがあれば場所を選ばず申込みすることができます。Web審査も短時間で完了しますし、契約手続きもすべてスマホ1台のみで可能なのです。学生ローンのリボ払いはとても便利な返済方法ですが、リスクのある返済方法でもあります。そのリスクは、月々の返済額に利子がつくことなのです。一括返済なら一ヶ月分の利子がかかるだけで済みますが、リボ払いには毎月の利子が上乗せされます。とはいえ、リボ払いは、毎月支払うべき金額が少ないので、負担のかからない払い方です。以前学生ローンで借りていたならば、過払い金請求ができるケースがあります。請求を行いたい時には司法書士や弁護士を通して、内容証明を得て、手続きを行うことで、請求が通る可能性があります。まずは無料相談により事情を聞いてもらいましょう。学生ローンの審査でダメといわれた方でも再審査をやってもらえるといったシステムがあることがあります。こういったシステムを使えば一度審査に通れなくても再審査してくれて借入チャンスが増えるので、喜ぶ方も多いみたいですね。借入れをする場合の適合検査では、書類確認や、在籍確認、属性審査はもちろん、その人が本当に信頼できる人であるかをみる信用情報の確認もあります。以上の情報を確認した上で、返済能力のある人かどうかを判定を下すのです。申告した内容が嘘の内容であった場合には、適合審査から外されてしまいます。もうすでに他社から高額の借入れがある方や、今までに一度でも大事故を起したことのある方は、借入れ審査の時点で通らない可能性がとても高いです。昔は学生ローンや学生ローンは一口にサラ金と言われ怖いものと思われた時代がありました。近年では法律も変わり、金利は制限を受け、違反業者には厳しい罰則が課されるようになりました。とはいえ、利息を制定した法律(利息制限法)では18%の金利までしか認められないのに、一部の登録事業者は最大29.2%以下の金利で貸付可能でした。あれ?と思った人も多いでしょう。一見して矛盾しているようですが、きちんと登録されていれば合法なのです。この差11%を指してグレーゾーンとはよく言ったものですね。「過払い金請求」のCMでは詳細について語られていませんが、グレーゾーン部分の金利を払った人が法律事務所を通して返金してもらうというものです。今では学生ローンは身近なものになりました。今どきの方法で気軽にお金を借りてみましょう。良い経験になりますし、「まさか」という時の安心の材料になります。とはいえ、証明書などは必須になります。ですが、写真でも大丈夫なので、スマホのカメラを使えばすぐに用意できます。ですから、自宅に居ながらにして申し込みができますし、必要になった時にすぐに融資が受けられます。申し込みが簡単でも審査が厳しいことは全くありませんし、審査に引っ掛からない限りご自身が指定した口座にお金を入れてもらうことも可能ですので、とても便利です。財布の中の不要なカード類を処分していたら、懐かしいクレジットカードが入っていました。新入社員の研修が終わった頃に作ったのが最初の一枚です。ネット申込でしたが、あとから紙の申込書が送られてきて、本人証明を添付してポストに投函。カードは親が受け取ってくれて、そのとき「使いすぎないようにね」と言われました。クレカを作ったのを昼食のときに話したら「それ、お金いくら借りれるの?」と聞かれて確認すると、私のカードには学生ローン機能もついていて、20万円までなら本人確認なしに(カード作るとき確認しているので)、借りることができるのに気づきました。役立つときもあるのだろうけど、なんだかコワイと思いました。同じように思った人もいるのではないでしょうか。お金が無く、誰か、もしくはどこかの会社から借りようと思い立った時、身分証明から給与証明、連帯保証人までありとあらゆる個人情報を提供して初めて実行されるものだとの常識を覆し、収入証明要らずとは、貸し倒れの心配はいらないのでしょうか、借りるほうが心配になってしまうほどです。こんな時代ですから、借りる金額がさほど多くない限り、職場の如何や収入の状況など、何も問われないことが、常態化しており、借金の門戸が広げられてきています。小額とは感覚による個人差はあるにしてもせいぜい数十万円程度と思っていたら、実際は数百万円までを言うらしく、普通の会社員や公務員などには簡単に返すことの出来ないような結構な金額です。以上のようなわけで、大抵の借り入れが、誰でも収入に関する如何なる保証もなしで実行されるということですよね。借金で首が回らなくなる人が、これでずいぶん減るに違いありません。手間も無く借りれるものの、支払日を一日であっても過ぎてしまえば、一日単位で支払わなければならない金銭のことを遅延損害金といいます。最大年利20パーセントの延滞金を払わないといけないということです。かつ、この遅延期間にも日割りで金利が生ずるので、長期間滞らせると、支払う金額が増える一方となります。万が一、延滞してしまったときは出来るだけ早く支払えるようにしましょう。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

福島県桑折町の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス