\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ > 福島県 > 三島町

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、福島県三島町周辺で誰にもバレずに学生ローンのお借り入れを希望している方に、おすすめのローンをご紹介しています。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム


一般的によく聞く学生ローンで支払いを怠っていたら差し押さえられるというのは現実にあることなのでしょうか。実際に私も学生ローンの利用をしたことがあり、何度か滞納を経験しましたが、差し押さえされたことはたったの一回もありはしませんでした。滞納を何度もしたら差し押さえになるのかもしれません。学生ローン初心者の方は間違えやすいのですが、キャッシングで使われる無人契約機とATMとは、その用途が全く違います。契約機で学生ローンに申し込む場合、画面の指示に従って機械を操作するのですが、実際の手続きをするのは人間ですから、全てが無人というわけではありません。取り付けられたカメラで、本人かどうか外見もチェックされますし、不審な態度は審査に影響します。また、問われた質問にも正確に答えなければなりません。審査は窓口で申し込んだ場合と同じ厳しさですし、申込書類に嘘を書いてもすぐにバレてしまうどころか、信用情報に傷がつきます。今すぐにでもまとまったお金が必要なのに、勝手に貯金を使うことはできないという困ったときには手軽なキャッシングが役立ちます。毎月一定の収入を得ている派遣社員やアルバイトの方ならば融資は可能ですし、専業主婦は、配偶者に一定の収入があることが条件になりますが、融資を受けられる業者があります。一定の条件をクリアすればすぐに利用できるのです。クレジットカードを利用して、お金を借りるのをキャッシングと呼びます。学生ローンの返済のパターンは基本翌月一括返済が多くなっています。一括で返済すれば、利息がないことがほとんどですし、急な出費があっても対応が可能ですから、賢く使っている人が増加しています。クレジットカードとは別の、カードローンに使うカードはいくら限度額が残っている場合でも、残りを買物などに使用できません。けれど、クレジットカードのキャッシング枠なら、現金で借入が行えるので、その分を利用することができます。この場合のキャッシングはカードローンの利用と信用情報上では同じく、法律により年収の三分の一以上の借入は禁止されています。学生ローンを希望するときにまず思いつく会社名がアコムという会社です。誰でもアコムのコマーシャルの歌がわかるくらい、身近な会社です。しかも、サービス内容がたくさんあって、申し込む際もパソコンやスマホで簡単にいつでもできるので、多数の利用者にたいへん好評です。誰でも無条件で契約できてしまう学生ローンがあるようですが、こういった契約は裏があります。借りる額が少額であっても、正規に登録のある業者ならば、もれなく審査が伴います。業者が「審査なし」としている場合は正規業者でない可能性があり、契約に至ってしまうとトラブルに巻き込まれるかもしれません。昔から借りている人ならご存知だと思いますが、2010年までに段階的に法律が改正され、カードローンや学生ローンの利率は20%から18%に制限され、それに合わせて業界全体の金利が下がったことがあります。しかし実情としては、最大18%の金利が利息制限法で認められているのに、出資法ではそれを超える29.2%以下で貸付ができるという状態でした。違法かというと、そうではありません。黒でも白でもないということで、グレーゾーンと呼ばれているのはそのためです。「過払い金請求」のCMでは詳細について語られていませんが、利用者(債務者)がグレーゾーン金利として払った額を返金してもらうための請求を起こすことで、専門知識のある法律事務所が代行しています。当然ですが、女性でもお金が必要になりキャッシングを利用したい時があるでしょう。最近では女性が気軽にキャッシングできるように、レディース学生ローンと呼ばれる女性向けのサービスを提供している業者も増加しています。どのような違いがあるのかというと、電話オペレーターや対応スタッフが女性だけのところや、女性だけを対象にしたサービスだったりするのです。世間で言われているように、金利が安く審査基準が甘いといったことはありません。ですが、キャッシングの理由や収入などの言いづらいことも、女性が相手なので話しやすく、キャッシングを秘密にしたい場合は女性の名前で電話をかけてくれるため、家族が電話を受け取っても不審に思われにくいでしょう。多くの場合、カードローンの契約の際、身分証明書のみ必要となってきます。もしも、借入希望額が50万円を超えるときや、周期的な給与が出ない職業に就いている際は、加えて収入があると判断するのに公的書類も必要になるでしょう。他にも、勤め先へ在籍確認をできることなら書類提出などの電話以外で済ませる為には、その用意も欠かせません。金融機関のキャッシングサービスでお金を借りる場合、まずインターネットや店舗窓口などで申込み手続きを取り、審査を受けます。審査に落ちなければ契約完了です。もし、振込での融資を希望していたのなら、銀行の営業時間によっては、その日のうちに指定口座に貸付金が振り込まれるでしょう。営業時間外などで振込できない場合や現金で受け取りたいという人は、街中にある自動契約機で学生ローン専用のカードを発行し、そのカードを利用するとATMを使って現金を引き出すことができるようになります。気になるキャッシング会社の審査項目ですが、申請者の社会的地位や収入状況を踏まえ、貸付金が返済可能な水準にあるのかどうかを確認します。申請の理由は判断基準に入りませんので、例えギャンブルに利用しようとご自身で決めることができます。返済計画がしっかりとしているのなら、遊興のためにも使えます。とはいえ、返済日はきちんと守っておきましょう。1日でも滞納すると利息を含めた返済分に遅延損害金をプラスして返済する必要があります。カードを使用して借入をするときは、業者のATMを使うか、または提携先のATMで行いますが、提携しているコンビニは業者ごとに違うのです。頻繁に立ち寄るコンビニのATMが使える業者にすることで、そこで借入はもちろん、返済も出来るので、とても利便性に優れていると言えるでしょう。業者選びの際にこういったことも含めて決めれば、自分の都合に合わせて利用可能です。お金を借りる方法は数多くありますが、信販会社などのカードローンを利用してお金を用意する場合、厄介なのは限度額という決まりがあることで、収入が多かろうと少なかろうと、年収の3分の1の時点でそれを超えたお金を貸すことが出来ない、総借入額の規制を定めた法律が施行されたことがあります。見落としがちなのは、それが持っているカードの総合計金額になることで、本人名義のカードなら、すべてを含めねばならず、会社が違ってもすべてを合算し、対象の法改正であり、これまで借りられた額が、グンと抑えられたことで生活の見直しが必要になります。簡単に説明すると、学生ローン契約の件数は規定がないものの、金額で50万円分が返済中の場合、計算は簡単で、年収の3分の1からカードローンなどで借りたお金を差し引くことでいつでも計算できるので安心ですね。自営業者などでは、この総量規制で資金繰りの苦労が増していますが、大きく借り越す心配はないので堅実にやっていく分には良い法律と言っていいかもしれません。少額の学生ローンでいいんだけど、学生ローンで借入出来る一番少ない額というのは、一体いくらぐらいだろう、という方も多いのではと思います。答えは一般的に個人の融資でキャッシングの場合の最低額は、1万円からとなっていますが、千円単位からでもキャッシングができる金融機関もあります。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

福島県三島町の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス