\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ > 熊本県

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、熊本県で誰にも内緒で今すぐ学生ローンしたい方におすすめのローンをご紹介しています。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンのおすすめ

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム

近年、多くの学生ローン会社が、借りたお金を時間をおかずに返済すると(上限あり)、金利がかからないといったびっくりするようなサービスをやっています。これはおよそ30日以内といった制限があるようなのですが、5~10万円程度の少ないお金を学生ローンするのであるなら、利用したほうがいいでしょう。現金借り入れといっても、色々な分類のキャッシング方法があります。その内の1つの定額払いとは、各月あらかじめ決めておいたその額を返還していく方式です。返す計画を立てやすい反面、金利が高くついたり、返済終了までに時間がかかってしまうという欠点もなくはないのです。お金を貸すと、厄介な事になります。名義を借りるのも良くありません。学生ローンをする際に返済能力を確かめるために、年収の証明書類を出すよう求められることも多いです。提出を済ませても貸せるのは、その年収の三分の一までだといわれてしまうわけです。そうなったら、次に考えるのは自分以外の名前を借りて融資を受けることです。ただ、これもお金を貸してもらうのとほぼ一緒ですから、やめてください。契約するときに必ずする審査には、申込者が申告した勤務先へ在籍確認をされ、申込者が本当にそこに勤めているかが確認するのです。在籍確認はそこの業者が電話で行いますが、申込をした本人が電話に出る必要は無いです。もし在籍確認の際に勤務先にいなかったとしても、申告内容に間違いないと判断できればそれで良いのです。お金の返済のやり方については、その業者ごとに違います。大半は、指定口座へATMから振込むやり方と、口座からの引き落としとどちらかでしょう。どちらにするかは選べます。しかし、その選択ができなかったり、引き落とす銀行も指定されてることもあるので、自分に合った業者から返済方法を選びましょう。急いでお金を用意しなければならない事態に巻き込まれる可能性は誰にだってあります。そんな時には、金融機関のキャッシングが役に立ちます。とはいえ、詳しくない人にとっては、申し込み手続きの流れが分からず、躊躇してしまうこともあるのではないでしょうか。ですが、最近の学生ローンサービスの主流は、自宅からインターネットで申し込みから貸付まで完結できるタイプのものが増えていますから、今まで学生ローンをしたことがない人でも、滞りなく手続きを済ませられます。名前や住所など、必要事項を入力し、送ることで、申し込み手続きが完了します。お金が急に必要になり学生ローンの利用をしようと思っても自分は債務整理中だから借金はできないと諦めている方は多いのではと思いますが、諦めてしまうのは早いようです。ちゃんと調べてみると債務整理中の身であってもお金を貸してくれる金融機関はあります。諦めてしまう前に探してみるといいのではないでしょうか。お金を借りるときは、期日や金額ばかりが気になり、消費者金融での借換やおまとめローンなど、ややもすれば高金利な方に目がいきやすいです。用途は生活資金(教育・住宅費用含む)に限られますが、公的融資を申し込んでみるのはどうでしょう。たとえば社会福祉協議会なら、学生ローン等に比べてかなり低めの1.5?3.0パーセントという利率で融資を受けることができます。社協の生活福祉資金貸付制度では連帯保証人を立てられれば無利子(利息負担ゼロ)となる点がありがたいです。民間融資と公的融資。どちらもよく調べて、最良の判断をするのは、あなた自身です。いざという時に便利な学生ローンはコンビニでも行えるのがとても手軽に利用できますし良いですよね。ATMを捜査しているときに、大勢の人が周りにいたとしても、学生ローンなのか?現金の引き出しなのか?振り込みをしているだけか?預入などをしているのか?少しの間では判断つけにくい所が平常心で利用できる大きなポイントです。しかも、24時間いつでも対応が可能なところも現金が少なくて困っているときに、手助けになるのではないでしょうか。学生ローンで借りたけど、忙しくて返済に行けないうちに期日が迫ってくる! そんなときにはATMが使えるコンビニを見つけて期日までに入金するようにしましょう。ATMだけでなく、発券端末のあるコンビニならレジで払うこともできます。消費者金融や銀行までいちいち行く必要はなく、口座間振込と同程度の時間しかかかりませんから、周りに知り合いがいても大丈夫です。社会人ならコンビニでお金を下ろした経験はあると思いますが、そのATMを使って返済ができてしまうんです。駅近はもちろん住宅地の中にもあるコンビニは年中無休で、家でTVを見ていていきなり思い出したときにも安心です。土日祝日対応も嬉しいですね。借入をするのにカードを利用する場合、契約した業者のATMか、あるいは提携先ATMを利用すると思いますが、提携しているコンビニは業者ごとに違うのです。通勤の際、よく立ち寄るコンビニにあるATMを利用可能な業者と契約すれば、当然、そのコンビニから借入、返済も出来るので、とても利便性に優れていると言えるでしょう。学生ローンを選ぶ際、こういったことも念頭において選べば、便利な仕組みであると言えるでしょう。上手にキャッシングを活用するポイントとして、それぞれのサービスを比較することを忘れないでください。サービスによって、異なる利率が適応されていますし、対応したATMの数にも差があるでしょう。金利の比較はもちろん、借入返済手続きが楽にできるかどうかも、長期の利用においては気にしておきたいものです。総合情報サイトや公式ホームページなどを確認しておくと、ご自分の条件にあてはまるサービスに巡り合えるでしょう。学生ローン初心者の方は間違えやすいのですが、キャッシングに申し込む際に使われる無人契約機とATMとは、その用途が全く違います。契約機でキャッシングに申し込む場合、画面の指示に従って機械を操作するのですが、手続きや審査をしているのは別の場所にいるオペレーターです。オペレーターはカメラに映る申請者の顔や態度などに不審点がないか見ていますし、向こうから質問してくることもあるでしょう。結果的に審査は人間がするので、一般的な窓口申込と評価の厳しさは変わりませんし、虚偽のことを言ってもすぐに疑われてしまいます。当然ですが、学生ローンは無料ではないので、金利がかかります。金利は業者によって違いますが、一般的には、融資額が大きくなると低金利になります。例えば、銀行系の学生ローンの金利は3%から15%などとなっていますが、少額を借りる場合には、設定されている金利の上限での融資が普通です。それに、この金利は月ではなく、1日単位で発生していくのです。当然ですが、学生ローンはただ便利なだけではありません。キャッシングは他種のローンと比較すると圧倒的に使いやすいですが、金利が高い傾向にあるため、一回の学生ローンが少額だから大丈夫と思っていても、利子が重なり返済が不可能な状態にまで追い込まれてしまう可能性があります。いざという時だけと思っていても、キャッシングすることに慣れてしまうと、本当に緊急の時に生活が成り立たなくなってしまうでしょう。返済の目途が立たなくなったのなら、まだ金額が少ないうちに土下座してでも親族や友人に返済金を工面してもらい、徐々に返済することをおススメします。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

熊本県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス