\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ > 東京都

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、東京都で誰にも内緒で今すぐ学生ローンしたい方におすすめのローンをご紹介しています。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム


新規契約時など、一定期間ゼロ金利というキャッシングサービスを見かけることが増えてきました。実は、このサービスと株取引、特にIPO投資を組み合わせることで、大きな利益を期待できます。キャンペーン中の借入金でIPO株の抽選に参加して、運よく当選すれば儲けになりますし、抽選に落ちても、そのお金で借入金を返済すれば良いだけですから、マイナスにはなりません。しかし、これはあくまでIPO取引に限った話です。他の投資資金として借入金を利用するのはリスクが大きすぎます。学生ローンや学生ローンを使うと自宅に明細書が送られてきます。家族が心配するので最近の電話料金のように請求領収書もペーパーレスになればいいのにと思い、いろいろ探してみたら、明細書を送付しない会社がたくさんあることに気がつきました。大手では金利はさほど変わらないことを知っていたので、新生銀行系のレイクにしました。ここは180日間無利息というプランがあるんです。契約は無人店舗の自動契約機を利用しました。電話でオペレーターが疑問点に答えてくれたので、初めてならネットより店舗のほうが良いでしょう。もっとも気がかりだった明細書については、「Web明細サービス」というのを選択すれば、家に郵送されてくることはありません。ただ、自分の利用実績を把握するためにも、ウェブ明細はちゃんと見ておくべきですよ。利便性が高いキャッシングですが、審査に通らないと融資は受けられませんから対策を練っている人も多いと思います。でも、合格したいあまりに虚偽の内容で申し込むことは厳禁です。書類の内容と相違点があればすぐに分かってしまいますし、返済の時にウソがばれると、一括返済や停止措置がとられ、今後お金を貸してもらえなくなってしまいます。嘘をついたことが信用情報機関に登録されると、他の金融機関の審査でも不利になるので、間違っても、嘘をついて誤魔化そうとは思わないでください。気軽な気持ちでキャッシングに手を出すのはなるべく避けた方がいいですね。定職についてさえいれば、返済できるだろうなんて甘すぎます。肝心の仕事さえも奪ってしまうのが返済できなかった時の取り立てなんです。仕事場にかかってくる取り立ての電話により仕事がしづらくなり仕事を辞めた人を何人か知っています。申し込みをした当日に学生ローンを済ませなくてはならないというご希望をお持ちの場合には一先ずは即日貸し付けのサービスが展開されている業者を見つけ出すことがスタートになります。たくさんの業者のうち、有名ドコロを選べば心配することなく手続きを進めていくことが出来ます。さらに、時間をあけずに出来るだけ急いでいちばんやりやすい方法にて学生ローンを申し込み、そこから審査へと流れて不備がないと判断されますとその日のうちに現金を手にすることが出来るようになります。あまり知られていませんが、消費者金融の学生ローンは、融資に銀行口座は必要ありません。店舗に直接行ってもいいですし、自動契約機を使ってもいいのです。他の金融機関に口座がなくても会社ごとの基準で審査し、それに通るとすぐさまお金が手に入ります。借り入れに必要なカードが郵送されるので、利用できるまでに時間はかかりますが、ウェブで借り入れ契約の申し込みができるところも少なくありません。銀行系の個人向けローン会社は数多くありますが、その中には自行の口座がない人でも銀行のATMを利用して学生ローンができるところもあります。色々なところで取り扱われていますが、賢くカードローンを選ぶならば、有名どころを選択するのがベストな選択です。中小クラスに比べると利便性の良さが際立ちます。申込がインターネットや自動契約機でも完了し、ATMのある全国のコンビニで借入から返済までも済ませられて、ほとんどのところで無利息期間サービスが適用されます。それぞれの業者で行っている特有のサービスも利用できるので、手始めに大手のサービスなどを比較してみるといいですね。キャッシングにおける審査では、確認される内容としては、申請した人の属性情報、それから在籍確認、信用情報、書類確等があります。これらの項目を全て総合的に判断した上で、申請者にきちんとした返済能力があるのかどうかを確認するという流れになっています。万が一、収入を偽るなど嘘の情報で申請したりすると審査の時点で通らないでしょう。例えば高額の借金を抱えていた場合、今までに一度でも大きな事故を起こした事がある場合には、審査に通る可能性は極めて低いでしょう。消費者金融からのキャッシングなどは、貸金業を営む業者から基本的には大金の借り入れではなく少額を借りるという負債のことをあらわすような状態のことなのです。ごく一般的に借金をするという場合には、債務者当人以外に保証出来る人や、価値のある資産を提供することになります。ところがポイントとなるのが「学生ローン」という方法を選ぶと、家族などが保証人になったり、家を抵当に入れたりすることは別に不必要な事柄なのです。他人による申請ではないということを証明する身分証を持っていれば、滞り無くお金が借りられるケースがほとんどなのです。次の給料日までまだ日数があるけれども、入手しておきたいものがあるときは、学生ローンすることがあります。審査の申し込みを会社のパソコンから送っておけば、即日で審査通過が可能です。その後、勤務先の近くにあるコンビニのATMで出金します。コンビニなら、誰にもバレないので気兼ねなく利用できます。その上、煩わしさもなく便利です。キャッシングとカードローンは似た感じでATMを利用した借入れができるので違いが理解しにくいですが、返済方法が違うのです。学生ローンは一括払いがスタンダードで、学生ローンは分割払いが当たり前とされています。ですが、巷では学生ローンでも分割やリボ払いが選択できるところもありますので、きちんとした境界線が段々となくなっています。貸金業法が改正されたことで1社から50万以上もしくは複数社から100万以上の学生ローンをする場合は年収額の証明が必要ですが、ひっくり返して言えばそれに満たなければ年収がいくらであるか証明しなくてもよいということも考えられます。ただし、それより少なくても年収証明を提出できるほうがより良いでしょう。手持ちの現金が少なくなってしまい、お金を工面しなければならない場合、家族や友人を当てにする人もいるかもしれません。また、銀行の利用を検討する方もいます。確かに、銀行において融資は中心的な業務ですが、様々な申請手続きや審査を受ける必要があります。中でも、保証人の登録は、信頼できる相手を見付けておかなければならず、苦労も多いです。銀行は手続きが面倒、でもお金が必要、という場合には学生ローンがおススメです。保証人も面倒な手続きもなく融資を受けられるため、利用者数が増加しています。普通、キャッシングで融資を受けられるかについては、審査を受ける必要があります。審査を通ると、申し込みの時間や業者の営業時間によって即日で貸し付けてもらえます。とはいえ、何より審査を通過しなければ融資は受けられません。一般的に、申し込みだけならお金がかかりません。ですので、あらかじめ申し込みを済ませておくと、必要に応じて即座に入金してもらえるでしょう。急にお金が必要になった時に便利なのがキャッシングですが、無条件で貸し付けてもらえる訳ではなく、審査があります。審査では、キャッシング業者が申し込みをした人の収入状況や社会的地位、勤務先などから検討し、返済能力の有無を基準に判断されます。キャッシングする理由をわざわざ言う必要はありませんし、借りたお金をどう使ってもご自身で決めることができます。返済計画がしっかりとしているのなら、遊興のためにも使えます。とはいえ、返済日はきちんと守っておきましょう。1日でも滞納すると返済期限を超えた日数分、遅延損害金を支払わなければなりません。もし、支払いが遅れた場合は一日でも早く返済してください。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

東京都の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス