\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ > 愛媛県

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、愛媛県で誰にも内緒で今すぐ学生ローンしたい方におすすめのローンをご紹介しています。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム

「学生ローン」という性質を持つ借金というのは貸金業者から数万円からといった低い金額のお金の貸し出しをしてもらうというタイプの借り入れ法なのです。多くの場合、借金の申込みをするというのであれば、万が一の事を考えて補填出来るように連帯保証人や担保が要ります。けれども、キャッシングという性質の借り入れでは、万が一の場合の保証人、担保といった補填を用意する事は必要とされていません。嘘偽りなく当人が申し込んでいると分かる材料があれば、よっぽどの事がない限りはお金を融通してもらえます。どんなに呼び方を変えても、結局のところ、学生ローンは借金でしかありません。なるべく利用しないようにしたいですよね。ただ、人生何があるか分からないので、備えにとりあえず契約しておくのもいいかもしれません。必ずしも契約と同時に借入をする必要はありません。借入を行わずにカードだけ手元に置いて、緊急時に利用するといったこともできるのです。学生ローンには便利な部分も多いですが、つい返済を延滞してしまうと裁判所から差し押さえ命令が下りてしまうこともあります。差し押さえられるのは銀行の預金口座や勤め先の給与ですが、給料なら最大で4分の1、つまり20万円の給料なら5万円までが差し押さえ対象になります。これが年金だともっと厳しく、振込先の口座自体を差し押さえされてしまった場合、貰えるはずの年金が全く手元に入ってこないことすらあります。そんなことになって慌てないためにも、無理なキャッシングを行わないように気を付けましょう。学生ローンする際の最低額はいくらからか知りたい所です。大半の会社が最低額が1万円からになっておりますが、会社により、1000円単位で利用可能なところもあります。一番低い額は1万円くらいを基準に考えればいいと思います。なんとなく、学生ローンというと社会人に向けたサービスという印象があるだけで、はっきりとした利用可能年齢というとよく分らないという人も多いのではないでしょうか。学生ローンサービスの利用可能年齢ですが、多くの金融機関は20歳以上となっています。ですから、20歳に達していない場合は利用できません。また、キャッシングサービスだけでなく、キャッシング枠の付いたクレジットカードで現金を借りることも、成人すれば使うことができます。クレジットカードだけであれば18歳以上であれば未成年であっても発行してもらえるのですが、学生ローン枠は20歳を超えて初めて設定できます。便利な本人確認の方法として採用されることの多い暗証番号は、学生ローン申込時にも決めることがありますが、第三者に教えてしまったり、使う時に忘れたなんてことがないようにしましょう。もし、自分以外の人に知られてしまったら、カードを持っていかれて、無断で借入をされる可能性もあります。また、暗証番号を忘れてしまった場合には自身の身分を証明できるものを持ち、店頭窓口とか自動契約機まで行ったら、新たな暗証番号の発行が可能です。学生ローンをする際に、一番安全な利用法は、借りる前から返済の計画がきちんと立てられているときのみお金を借りる、ということだと思います。お金が必要になった際に、学生ローンでお金を用意するなら、次の月とその次の月の給与など、返済できる予定を立ててそれがキャッシングを利用した際のお金の返し方の重要なところでしょう。付き合いが希薄だと言われる現代ですが、出費はいきなり降ってくるものです。そんなときに軽い気持ちで知人に借りて気まずくなるよりは学生ローンがおすすめです。急な出張、飲み会、ときには出張&飲み会の出費にも困らずに済むのはありがたいですね。借りるときも小額で抑えておき、早期一括返済することで無利息なんていう特典が用意されていることもあります。友達がいても頼みにくいのが借金です。大人なら少なくとも1枚くらい、学生ローンできるカードを持つと心強いです。ただ、あまり使わないでいるとカード自体に有効期限があるので注意してください。消費者金融系の会社では、自前の店舗や自動契約機があるので、利用の際に銀行口座の有無は問われません。店舗に行くか、それが難しい人は自動契約機を利用して、銀行口座を経由することなく会社独自の審査にパスすればすぐさまお金が手に入ります。カードが郵送され、借り入れできるまでに少し時間がかかりますが、契約申し込みをウェブでできる会社もあります。多くの銀行で、個人への学生ローンを中心とする関連会社を持っていますが、そこでも自行の口座なしで銀行のATMを利用してキャッシングができるところもあります。学生ローンに限った話ではないのですが、借金をする時に、お金を貸す側が最も重視するのが、お金を借りる側に「返済できる能力があるかどうか」という事だと思います。その為に、住宅ローンの審査の段階でカードローンを組んでいる状態ですと、現実的に住宅ローンを返せるのか、その力があるのかどうか、という点ではあまりうまく事が進まない可能性があります。お金の返済手段については一律ではなく、利用した学生ローン業者で違いがあります。大半は、指定口座へATMから振込むやり方と、銀行の口座から引き落とす、二つの方法に分けられます。どちらを選ぶかは決めることができます。とは言え、全ての業者で選択できる訳でなく、業者によっては一つの返済方法しか無いことだってあるので、自分にとって最適な業者を選ぶことが大切です。想像していた以上に今月は出費が多くお金が出来るだけ早く入り用になるケースもあるかと思いますが、その際、当日中に必要額を借り入れできるサービスがとても便利で手軽に使え、おすすめです。出費に関して聞いた話ですと、お歳暮の時期や会社の忘年会お正月には子供たち用のお年玉もありいくらお金があっても追いつかない!というような体験談も良く聞きます。その様な場合、学生ローンを試すとそのピンチを上手に乗り切ることができます。わざわざ店舗窓口に足を運ばずとも、自宅や外出先のパソコンや携帯電話から申し込みができ、場合によっては即日入金される学生ローンはお金に困った時の頼もしい味方でしょう。キャッシングの際に必要なカードの入手方法ですが、何日か経ってから郵送されたり、店舗で取得できるでしょう。このカードによって、学生ローン業者と提携しているコンビニATMや銀行ATMが利用可能になり、借入返済手続ができる場所が増えるので、一層利便性が高くなります。学生ローンの申込には身分証明書が必要になりますが、この時、使うことのできる身分証明書は運転免許証や保険証など申請者本人を証明するものが効力を持っています。顔写真のついていない保険証を使用する場合、本人宛の手紙などを保険証と一緒に提出しなければならないかもしれません。もちろん、保険証のみでも問題ない業者も多いので、あらかじめきちんとチェックしておきましょう。わたしたちが日々関わっている金融機関によって個人でできる借金の上限額がそれぞれ異なり、数万円程度の小規模なものや即日融資ばかりでなく、300万円や500万円などまとまった額の融資でも必要な審査に通過すれば受けることができます。店頭やネットなどで申し込みをしてから融資までの時間が短く、その場ですぐに資金を得ることが可能な場合もあるので使い勝手が良いと考えている人も多くいます。各金融機関が発行しているカードを利用するというのがよくある借り入れの仕方でしょう。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

愛媛県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス