\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ > 山形県

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、山形県で誰にも内緒で今すぐ学生ローンしたい方におすすめのローンをご紹介しています。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム


どんな目的で使うのであっても借りられるのが学生ローンのアピールポイントにもなっているのではないでしょうか。申込時の資金使途欄には、「冠婚葬祭」や「資格取得の為」など一時的に資金が必要だと判断されるような内容でも問題ありません。ただ、「生活費の為」というのは毎月困っているのかと不信感を与えるので言わないようにしましょう。カードローンでの「事業資金」用途なども金融機関では言語道断です。必ず通るような審査基準であっても通らなくなってしまいます。インターネットが我々の身近な存在となったことでパソコンやスマホを使って学生ローンできるようになったので、一般的にもかなり手軽に利用可能な時代になってきました。とはいえ、学生ローンサービスを受けられるのはまれに18歳以上か、普通は20歳以上で仕事をしていて大前提として安定した収入がなくてはなりません。会社ごとに、学生ローンに必要な金利というものが変わり、大きければ数%もの差になります。できる限り金利を低く設定してくれている会社を選ぶのが賢いキャッシングのやり方ではないでしょうか。お金を借入する際、何社までなら利用できるという規則が学生ローンにある訳ではありません。そうはいっても、実際に利用する際、同時に利用可能なのは三社程度にするのがよいでしょう。それを超えた利用の場合、いかなる状態、たとえば申込の段階での返済状態などに関わらず、断られることがほとんどでしょう。借入件数が多い人というのは、他社にも返済する為に、新規借入を申し込むことも多々あるからです。借金の形態の一つである学生ローンは、消費者金融などから数万円からといった低い金額のお金の貸し出しを受け取るという場合に利用される方式です。多くの場合、借金の申込みをするというのであれば、返済のための手段として保証人をつけたり、担保を用意します。但し、タイプとしてキャッシングを選ぶのであれば、返済が滞ったときに利用される代わりの弁済方法を設定することは必須ではないのです。きちんと身元が分かる確認資料さえあるならば、まず、現金の融資までたどり着くと考えて良いでしょう。学生ローンと学生ローンはどちらも金融機関からお金を貸してもらえるサービスですが、何がどう違うのかしっかりと理解できていないという人も珍しくありません。どのような違いがあるかと言うと、学生ローンは、借入限度額が数万円から数十万円と少なくなっているので、一括返済が基本です。一方、借入限度額が数百万円という大口融資を基本として、返済が基本的に一括払いできないものが一般的に学生ローンと言われます。このように、大口融資が可能な学生ローンは、学生ローンと比較すると、どうしても審査が厳しくなるので、キャッシングが利用できてもカードローンは使えないという人もいます。借入額は申込者の年収の3分の1までが限度とされる総量規制という法がキャッシングにおいては適用されることになっています。ですが、この決まりは消費者金融のフリーキャッシング、それに、クレジットカードではキャッシング枠を利用した借入の場合に適用されることになっています。銀行を利用して学生ローンで借入した場合、当てはまらないのです。ちなみに、どういった契約であっても、銀行からの借入については全てこの総量規制の対象から外れます。キャッシング利用って、少額、短期が圧倒的に多いそうです。急な出費に困ることは多かれ少なかれ、ありますよね。キャッシングでは車や家は買えませんが、臨時の出費にはとても役立ちます。さわやかな女性タレントのテレビCMで、すっかり健全なイメージが定着したせいか、初めてでもこだわりなく利用できるようになりました。もしものときに、手続きで手間取らないよう、すぐに対応してくれるような会社で、あなたに合ったところをチェックしておくと良いと思います。無料の保険のようなものですね。あまり知られていませんが、学生ローンの借り換えは借入金の金利を下げられる可能性があります。今より低い金利の業者でキャッシングをまとめられれば、その後の返済がずっと楽になるでしょう。普通、どのような学生ローン業者でも、金利は大きい額を借り入れている人ほど、低金利が設定されるようになっています。ですから、たとえ少額の借入でも、それが複数あるのなら、まとめて一つの高額の借入金として扱えることができれば、金利がさらに低くなると思います。最近では、TVCMや雑誌の広告欄でさまざまなキャッシングサービスの宣伝を目にした方も多いと思います。縁のない人からすると、どのサービスも似たり寄ったりに感じる人もいると思います。でも、似たように見えても、実際にはお得になる特典付のサービスもありますし、、僅かな数字ではありますが、金利が違っています。これらの情報はあらかじめきちんと把握しておかなければなりません。適当にサービスを選んでしまうと、少額の借り入れでも、何度も借りるうちに、利子も増えて大きな金額になってしまうケースもあるため、注意しましょう。周りの人に気づかれることなくスマートに学生ローン。便利ですよね。ただ、利用すると明細書が送られてくることは避けられませんでした。やましくなくても家族に口出しされたくないことってありますよね。勤務先に送るのは以前ダメだったので、ほかに家族に秘匿する手段はないかといろいろ探してみたら、裏ワザとかでなく、普通に「明細書送付なし」の金融機関が多いのには驚きました。知名度が高いところが多かったですが、特にレイクの「180日間無利息」が群を抜いていました。181日以降は利息がつくので、それまでに返済してしまえば実質0円です。申し込みには駅近の自動契約機を使いましたが、ネットでも申し込みできるようです。もっとも気がかりだった明細書については、「Web明細サービス」というのを選択すれば、家に郵送されることはないそうです(自宅送付も選べます)。実際、家族に知られない形を希望する人は多いそうですし、これなら安心して利用できると思いました。お金が必要なのに、学生ローンの審査が通らず困っている人も少なくないと思います。しかし、どうしてもキャッシングが必要だからといって、虚偽の内容で申し込むことは厳禁です。業者も申請内容を鵜呑みにはしませんから、書類内容の真偽を確認しています。勤務先などの嘘はすぐに発覚しますし、たとえ審査に受かったとしても、返済が滞るなどで申請内容の虚偽が発覚すれば、即時、全額返済の対応を取られたり、カードが利用停止になり強制解約されることもあります。他社での学生ローンもできなくなるので、嘘は書かない方が賢明です。学生ローンとキャッシングの利率については、昔から言われていることですが、審査基準の甘さ(厳しさ)とそれなりの相関性があると言えます。提出書類が少なくて即日融資が受けられる会社は比較的高めの金利で、ある程度審査に時間がかかることを最初から公言しているところでは、低めの金利を用意していることが多いです。同じ会社でも条件違いで金利の差があったりしますから、知らないで損をしないよう、時間のあるときにチェックしておくと良いと思います。借金体験って、あまり人と話しませんよね。実は自分は学生ローンでけっこう痛い目を見ていたんです。一人暮らしで余裕がないのに仕事用の服を買ったり旅行に行ったり、口座の残高が底をつくのは時間の問題で、困った末に学生ローンを利用したというわけです。しかし余裕ができるのは一時的で、とくに収支を見直すこともしなかったのでそんなに大した額じゃなかったはずなのに借金が減らないのです。結婚して外に出ている姉をのぞく家族全員からお金を借りて、なんとか一括返済し、それから学生ローンは利用しなくなりました。お金が必要だけれども借金することは誰にも知られたくない、というのが大多数の本音でしょう。こういう時にこそ、学生ローンを活用してみましょう。少し前までは、融資を受けるためには、窓口に行って、スタッフと対面することは避けられませんでした。時代は変わり、今はネットを使った申し込みが主流で、インターネットでキャッシングの申し込みができてしまうのです。ですから、人目を気にすることなく、必要な時にお金を借りることができるようになったのです。現代人からしてみると、学生ローンサービスは誰もが利用しやすく親しみのもてるサービスになってきたと言えるのではないでしょうか。多数の会社からキャッシングして、一つにまとめたいと思う場合は当然ながら出てきます。そういう時はおまとめローンを利用してみてください。こうしたローンを利用することによって、多数の借金を一つにまとめることができるのです。借金返済を容易に出来る良い方法となっています。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

山形県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス