\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ > 大阪府 > 河南町

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、大阪府河南町周辺で誰にもバレずに学生ローンのお借り入れを希望している方に、おすすめのローンをご紹介しています。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム


学生ローンで融資を受けたいけれど、どうしたらいいのか分からないという方もいると思います。大まかな流れで説明すると、まず申込を済ませます。これはインターネットやアプリ、窓口などから行うことができます。そして、その情報をもとに、業者が契約可能かどうかを審査します。審査に通過した時点で、契約が完了し学生ローンが利用できるようになります。希望する受け取り方法が振込であれば、時間によっては当日中にご自身の口座に貸付金が振り込まれると思います。深夜早朝など、銀行が動いていない時間や現金で受け取りたいという人は、最寄りの自動契約機を操作してキャッシングカードを入手すれば、対応するATMを使って現金を借り入れらるので、目的に合わせたキャッシング方法を選べば、便利に活用できるでしょう。キャッシングの借り換え先を選定する際は、まず低金利かどうかを見ることが優先事項です。銀行系の学生ローンは低金利に設定されていますが、審査を通るのがが難しいうえに審査の結果が出るのも遅いのが難点です。他にも元々借りていた先のローンが低金利だった時、審査も厳しくなるため、よく考えて借り換えをしましょう。現金を貸してもらうというサービスである学生ローンとは、ごく少ない額のお金の貸し付けを望む際に用いられる借金の一つのケースです。貸金業者からの借り入れをするという際には、通常であれば連帯保証人の契約や、土地や不動産を担保にしなくてはなりません。ところが、学生ローンであれば他のローン手続きとは異なり本人が返済出来なくなった時のことを考えた弁済方法を用意しておくことを必要とはしていないので利用者としては非常に便利です。申込者の身元や身分を証明することが出来る資料一つで、それでほとんどの方が借金をすることが可能となります。借入額は申込者の年収の3分の1までが限度とされる総量規制という法が学生ローンにおいては適用されることになっています。とはいえ、これは消費者金融業者のフリー学生ローン、クレジットカードの学生ローン枠の利用に当てはまるものです。同じ借入でも、銀行のカードローンは対象外となります。学生ローンに限らず、どのような契約でも、銀行で借り入れた場合には先ほど説明した総量規制の対象からは除外されています。学生ローンを利用していると、思わぬ落とし穴にはまる可能性があります。複雑な手続きの必要もなくお金を貸してくれるということは、その分、高金利なので、節度をもった利用を心掛けなければ、返済能力を簡単に超えてしまいます。いざという時だけと思っていても、学生ローンすることに慣れてしまうと、借金地獄に陥る可能性があるのです。返済が無理だと思っても、滞納や他社からの借入以外の解決方法を探してください。辛いと思いますが、まだ借金の額が少ないうちに身近な人から金銭的援助を頼んだ方が良いと思います。現金を借り入れするいわゆるキャッシング時には、何はともあれ審査に通過する必要があります。何処で働きいくら収入があり、支出(借金)があるかどうかなど少々厳しい中身につきましても色々とチェックされます。借金をする場合の審査というのは、早いところですと目一杯時間を使ったとしても大体三十分ぐらいで必要なやり取りを終えることが可能ではありますが、勤め先情報が正しいかを調べる連絡がされた後に初めて現金を引き出しすることが出来るようになるため、申込時にはすべて正しい内容を書いておいてください。学生ローンとカードローンはどちらも金融機関からお金を貸してもらえるサービスですが、何がどう違うのか分からない人もいるでしょう。おおまかに言えば、学生ローンは数万円程度の小口融資が基本になります。その一方で、数十万から数百万円まで、大きな金額を借りることができるため、返済が基本的に一括払いできないものを学生ローンと呼びます。審査については、借入限度額の低いキャッシングの方が緩いことが多く、学生ローンは審査が厳しくなる傾向にあります。無担保で個人に小口融資をしてくれる学生ローンは使い勝手の良いサービスです。とはいえ、学生ローンを上手に利用するためには、ご自身の利用計画に合ったサービスを見付けることをおススメします。多くの金融機関がキャッシングサービスを提供しているため、それぞれのサービスの長所と短所を比べると、分かりやすいでしょう。ちなみに、利用者が急増しているキャッシングは、申し込みから融資の時間が早く、審査もそれほど厳しくないサービスのようです。例えば、審査スピードにも差があるので、申し込みをしたサービスによっては、即日融資もできるでしょう。夫が働いて稼いだお金で支払う予定で主婦が借入を希望した場合には大変嬉しい、誰にも知られずに契約できる方法があるのです。それは配偶者が同意したことを提示する必要が無い銀行を選ぶことです。法律上、同意書を提出する必要はありませんが、必ず必要とする銀行とそれを必要としない銀行とがあります。妻が銀行からの借入を知られずに行うには、既出の方法で銀行を選びましょう。例えばアルバイトといった非正規雇用者の場合でも、カードローンは借りられるのでしょうか。実際は平気なようですね。返済の義務はありますから、審査においては一定の収入が見込まれることが条件になりますが、必ずしも正社員に限った話ではありません。もし、アルバイトやパートであったとしても、安定した収入が見込めるというのであれば、審査をパスできる見込みは充分にあるのです。あまり知られていませんが、消費者金融のキャッシングは、利用の際に銀行口座の有無は問われません。自動契約機でも、店頭でも、本人が行けば、銀行口座を使わなくても、会社ごとの基準で審査し、それに通るとキャッシングがすぐにできます。カードが送られ、利用できるまでの日数はかかりますが、ウェブで借り入れ契約の申し込みができるところも少なくありません。多くの銀行で、個人への学生ローンを中心とする関連会社を持っていますが、そこでも自行の口座なしで借り入れ可能な会社があります。学生ローンの審査でNGが出る人というのは、基本的に収入のない人です。自分に収入があるということが必須な項目となるため、その要件を満たしていない人は使用不可能です。必ず収入を得た後に申込みしましょう。それと、すでに多額の学生ローンをしている人も、審査に落ちてしまうでしょう。学生ローンの中で最速なのはどこかという質問が多いですが、近年では、大手銀行がとても早いということを聞く頻度が高いです。最短だと30分ほどで審査終了となるところも出てきていると聞きます。審査が早く済むので借入金受取までの時間も早くて嬉しいですね。まだ学生ローンでお金を下ろせるハズなのにもかかわらず、ローンカードを使ってATMを操作するとどういう訳か借入不可の状態になっていて、お金を引き出せなかったという話を聞いたことがあります。恐らく、学生ローンの利用が停止されてしまったのでしょう。その理由で最も多いものといえば、学生ローンの利用中に、他の学生ローンサービスと契約を結ぶと、総量規制の問題でこうした措置を取られてしまい、融資を停止させられるようです。利用停止措置を取られると、完済するまで、カードを使ってATMからお金を引き出すことはできなくなります。一昔前は借金が返済できないとかなり激しい取り立てがあったいわれているのが、消費者金融だと思います。しかし、ここ最近ではそうしたことは全くないといえます。そのような事をすると法律違反になってしまうからです。そのため、取り立てが怖いから借りるのはイヤだと不安がる必要はありません。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

大阪府河南町の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス