\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ > 大阪府 > 島本町

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、大阪府島本町周辺で誰にもバレずに学生ローンのお借り入れを希望している方に、おすすめのローンをご紹介しています。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム


学生ローンを受けるというのは、お金を貸すサービスをしている業者から少々の金額だと判断出来る程度のお金の融資を望む際に用いられる借金の一つのケースです。もしも借金をしたいというのであれば、本来なら連帯保証人の契約や、土地や不動産を担保にしなくてはなりません。しかし、キャッシングでしたら金額も小さいわけですので面倒な手間になってしまう連帯保証人や抵当といったものを用立てておくことを必要とはしていないので利用者としては非常に便利です。実際に本人による申込みだということがチェック出来る書類があると、大半の場合融資をしていただけると思っていて良いでしょう。学生ローンを利用したい人は大勢いると思いますが、学生ローンの利用にあたっては厳しい審査にパスする必要があります。審査事項に問題が見つかった場合は不合格ということもありえます。その理由としては、希望する借入金額が高すぎて返済能力を超えていることや、以前のローンの延滞が問題視されることが多いです。滞納の場合は、その記録が全ての金融機関が確認できる信用情報機関に最長10年は残されるため、こちらが理由として考えられるケースでは情報が消えるまで、ある程度の期間は審査に落ちてしまう可能性が高いでしょう。よほどお金に無頓着でないならば、できるだけ金利の低いキャッシングを利用したいでしょう。総合情報サイトなどでキャッシングサービスを比較し、最も金利が低いサービスを見付けているものだと思います。サービスによっては、新規の場合のみ最長で30日は金利ゼロの学生ローンもあるので、下調べは確実にしておきましょう。業者選びに失敗したなんて後から悔やまないように、業者選びには時間をかけてください。カードローンを申し込むときには審査があり、在籍確認の電話は必ずあるものと考えて間違いないでしょう。カード会社の場合は個人名で、銀行の場合は銀行名でかかってくることが多いようです。ただ、条件つきで会社への電話確認はなしというところならいくつか存在します。三井住友系のプロミス、三菱系のモビットといった銀行がバックにある会社の場合、指定された銀行と取引がある(口座がある)人や、勤務先名のある保険証、給料明細書などを提出すると、電話による確認を省略できます。条件は会社によって違うため、わからないことはどんどん問合せすると良いでしょう。キャッシングをする時に一番安全なのは、学生ローンする、ということだと思います。次の月とその次の月の給与など、返済できる予定を立ててその予算を動かさないことそれが学生ローンを利用した際のお金の返し方のポイントでしょう。問題なく学生ローンの審査が終わると、どんな事に注意するべきか説明があります。利用するのが初めての時には、ちょっと長く説明されることも多いですが、よく聞いておかなければ返済や延滞などについて不明な点も出てくるでしょう。この説明をする時間があるので、審査に30分しか掛からない業者であっても、借入を行えるようになるには約一時間は必要だと思ってください。返済に遅れずローンを完済できても、勝手に解約はされません。解約処理をしないままでは契約も解消されず、常に借入が出来る状態です。他社の人間がその様子を見ると、繰り返し設定金額の借入をしていると解釈されてしまいます。それゆえに他社のローン契約を断られるかもしれません。必要でない状態になれば放置しておかずに解約しましょう。いつもキャッシングを要するのは毎回使えるお金がないときですから、身近な学生ローン会社を使いがちでしょう。利用した後で、別の会社の利息が低いと、失敗したと思うでしょう。学生ローンを利用する前に金利を試算し、複数社を比べて堅実に利用したいものです。無職だと学生ローンの申し込みをしても審査に通らないと思われがちですが、ありのままを申告しても、借り入れできることがあります。オークションやアフィリエイトで収入を得ていれば自営業になりますし、フリーターも経歴になりますので全くの無職ではありません。しかし、今までの学生ローン件数が多かったり、件数が少なくても金額が多すぎたり、在宅確認に応えられなかった人などは新たな学生ローンは難しいでしょう。自分が当てはまるかどうか考えてください。学生ローンの申し込み時は、キャッシング限度額もポイントになるものです。希望限度額が50万円以下の時は、本人確認の為に運転免許証を示すだけで契約することが可能だからです。けれども、借入限度額が 50万円を超す金額であったり、他社からの借入金額と合わせて100万円を超す場合は収入証明書を提出せねばならず、 手続きが少々繁雑になるという訳です。新しく学生ローンを申し込むと、かならず審査があります。そのプロセスのひとつとして勤務先へ電話(在籍確認)がかかってくることがあります。必ずしも全員にかけるわけではないようですが、もしかかってきて会社の人に知られるとなると、どうも気分の良いものではないですね。ただ、こうした在籍確認の電話を回避してローンを組める会社もあります。対応のきめ細かさでは、大手に優るものはないでしょう。職場への電話を控えてもらいたいと伝えると、会社や組合の名前が入った保険証などで済ませてくれることがあります。オペレーターが疑問に答えてくれるので、電話で確認するといいでしょう。あまり知られていませんが、学生ローン未経験の人より、かつて利用していたという人の方が有利なようです。当然ですが、きちんと返済していたケースの話です。これまでに学生ローンを利用したことのない人は、債務が全くないわけですが、それはつまり返済したことがないので、滞りなく返済されるのかどうか見極めるのが難しいのも理由になっているようです。無担保で個人に小口融資をしてくれる学生ローンはその手軽さから、人気が高いです。しかし賢く利用するためには、借入希望額や返済方法、あるいは利率といったポイントを各サービスごとに見比べて、ベストなサービスを選ばなくてはいけません。多くの金融機関がキャッシングサービスを提供しているため、ご自分にとって重視したいポイントを理解することが大切です。最近、主流になっているのは審査に通りやすく、融資までの時間が短いサービスです。例えば、審査スピードにも差があるので、スピード融資に対応したサービスであれば、当日中の貸し付けも簡単にできる可能性があります。契約するときに必ずする審査には、申込者が申告した勤務先へ在籍確認をされ、実際にそこで勤務しているかどうか確かめられます。勤務先とされる先へ業者が電話を掛けますが、電話口に自分が出なくても良いのです。在籍確認の時に外出していたとしても、申告内容に間違いないと判断できれば在籍確認は終了です。学生ローンの利用者が急増している理由は、最も手軽ということが挙げられます。学生ローンは基本的に、保証人も担保も必要ありません。それに、申し込んだその日にお金を借りられることも多いです。都合の良い方法で借入返済手続が取れるのも便利です。一方で、利便性の高さゆえの問題もあります。例えば、非常に簡単に現金が手に入るために、気付かないうちに借金が膨れあがっていたということも珍しくありません。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

大阪府島本町の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス