\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ > 埼玉県

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、埼玉県で誰にも内緒で今すぐ学生ローンしたい方におすすめのローンをご紹介しています。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム


これから学生ローンをするなら銀行系の良さは見逃せません。実質年率が低いので総返済額を抑えることができ、融資限度額も数百万までと高額なことも、大きな利点です。メジャーな銀行が背後にあるため、健全な貸金業務が行われていることが想像できます。とはいえ、手堅い経営なりに審査基準もそれなりのものになるので、ユーザーの声などをウェブで集めてみて、借りやすそうなところを探すのがポイントでしょう。オリックスは今では日本だけでなく海外でも活躍するほどの実力のあるとても大きな会社です。かの有名なイチロー選手がこれまで所属していた世界でも限られた人しか入団できないオリックス球団を保有するほどの力のある大きな会社なのです。そんな企業を支える中核ともいえる事業がまさに、金融業だったのです。日々の生活の中では欠かせない誰もが一度は使ったことのあるクレジットや学生ローン、キャッシングはもちろんですが、日本国内だけでなく世界各国でも幅広く事業を行っている企業です。よく本人かどうか確認するために暗証番号が用いられます。学生ローンなどの申し込みの時にも自分で決めて、書類に記入しますが、自分以外の人に知られたり、忘れてしまうことがないように注意してください。もし、人に教えたりしてしまうと、カードを持っていかれて、勝手に学生ローンをされてしまうかもしれません。もし、暗証番号が不明な時は、運転免許証のような本人確認書類を窓口などに持参すれば、新しく再設定できるでしょう。もし、カードローンの返済を遅らせてしまった場合には、連絡が契約時に登録した携帯に、あるいは、自宅の電話に掛かってくるでしょう。その時に延滞分の支払い可能日を報告しておけば、伝えた日まではおそらく連絡は来ないでしょう。と言うのも、貸金業法というものがあって、毎日のようにカード会社が電話で催促することはできません。ですが、仮に電話で約束した支払日にも間に合わなかった場合には、勤め先や家族にも影響があるかもしれませんので、約束した支払日の前にこちらから連絡した方がいいです。少額の借入希望であれば、免許証だけでキャッシングの申込手続きを済ませることができます。ですが、希望借入金額が高額の方、あるいは事業主などのケースでは、収入証明書が必要になるので、準備しておいてください。収入証明書というと分かりにくいですが、給与所得者ならば年末に会社が発行する源泉徴収票を用意すれば、まず問題ありません。自営業者などの場合は、その他の年収を公的に証明できる書類(確定申告書や課税証明書など)を収入証明書にしてください。手続きが必要なものなので、時間に余裕をもって準備しておきましょう。お金を借りる「カード」というと、カードローンのカードとクレジットカードで話が食い違うことが案外多いみたいです。キャッシング面だけなら間違うのも無理もない気がしますが、融資上限額(学生ローン部分)にすごい差があるのです。いまから解説しますので、全然違うものであるのを分かってください。クレジットカードは買い物重視のため、キャッシングの限度額が低く設定されており、カードローンは融資を目的としているので最初から100万円を超える高い限度額があることは、もはや常識です。こう説明すると、みなさん違いに納得されます。借入をするのにカードを利用する場合、業者のATMを使うか、あるいは提携先ATMを利用すると思いますが、全ての業者が同じコンビニと提携している訳ではありません。自分が頻繁に利用するコンビニのATMが利用できるところにすれば、そこで借入はもちろん、返済もできますから、便利に学生ローンが利用できます。どこの業者を利用するかは様々な角度からものを考えると、より便利な仕組みであると言えるでしょう。ちょっと前まではキャッシングを申し入れする時に1万円からという設定の会社がほとんどだったものです。しかしこのごろでは千円区切りで申し込みが可能な会社も増えてもし初めの借り入れ金額が1万円の場合であったとしてもATMを使ってお金をおろすときには千円単位でOKを出している会社もあります。キャッシングをするときは、最初にしっかりと予定を立ててちょっと今月は厳しい…という場合などに役立てていけば極めて助けになってくれる存在だと言えますが、頭に入れておいてほしいのが入念に目論まずに成り行きのままで返済出来るであろうと思われる金額を超えてしまった多額の借金を負ってしまいますとお金を用意することが出来ずに返済が遅れてしまったり違う業者から借りて返済に充てるという悪循環に陥る事も多いためしっかりと考えて使っていくことが重要です。ローンを申し込む人のクレジットカードやローンの利用履歴、返済状況、個人情報などの信用状況で、カードローンでの上限金額が変わります。いくらまで借りられるのかは審査会社によって違ってきますが、ほぼ一緒だと考えてもいいと思います。きちんとした審査を行っていて、正規の届出をしている金融業者では、審査の方法がほぼ同じだからです。最初に申し込んだ会社の審査結果が不可だったら、他業者からの借入も望みが薄いと思われます。ネット社会がわれわれの生活に浸透してからはパソコンやスマホからも借り入れできるので、かなり利用しやすい環境が整ったと言えるでしょう。実際に借り入れをするための条件としてあるのは、最低でも18歳以上できちんと定職に就いていて、かつ安定した収入があると認められた人となります。学生ローンに関して、必要となる利子は会社ごとで差があり、低い方が利用者には有難いと言えます。なるべく低い金利で借りられるような金融会社を探す努力が少しでも有利に借りるためには肝要です。「嘘の申告をしてカードローンの審査に通った」という話をたまに聞ききますが、それは電子化以前の話のようです。事実だけ言えば、それは有印私文書偽造といって、立派に刑事処罰の対象になります。もし金融機関での審査中にバレたとしても、会社的には被害届をバンバン出しているといった話は聞きません。あくまでも会社の自主性なのでわかりません。それに、プロ相手に虚偽が通ることはまず、ないのではないでしょうか。個人的には、偽らざるをえない状況のほうが深刻だと思いますが、もし融資を受けられたとして、わかった時点で一括返済、借入停止、即ブラックという大きなデメリットがあります。貸金業者から学生ローンをしようと考える時には消費者金融やクレジット会社、学生ローンなどがありますが、そんなときに、まずは必ずいちばんに考えてとても大切なこととして注意して欲しいのが貸金業者が設定している金利についてです。ごく小さい金利の違いだと感じることもありますが、百万単位など大金を借りたいというときや、借金完済までに時間がかかってしまうという際には返済額をすべてトータルで考えてみたときには差分はとても大きなものになってしまうのです。学生ローンを使って返済が滞ると何がおこるかと言えば、もともと高い金利がある上に、遅延したための損害金を請求されたり、ひどい場合は、ブラックリストと呼ばれる名簿に名前が記載されていまいます。そういう場合には前もって金融会社に相談することです。学生ローンは総量規制の制度によって、借金できる限度額は制限されます。借入があるか否かによっても変わってきますから、できたら借金を減少させてから、申し込みしてください。年収の3分の1以下しか借りられないことは覚えておいてほしいです。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

埼玉県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス