\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ > 千葉県

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、千葉県で誰にも内緒で今すぐ学生ローンしたい方におすすめのローンをご紹介しています。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム


オンライン学生ローンは、自宅に居ながらにして電話やネットを使って申し込み、即日で融資を受けられることもあるため、とても利便性が高いです。学生ローンに必要なカードについては、数日後に郵送されたり、最寄りの店舗窓口で入手できます。カードを利用することで、例えばコンビニや銀行のATMなど、学生ローンできる場所が多くなるので、一層利便性が高くなります。何社までお金を借りる先を利用していいのかというのは結構悩まされるところでもあります複数からの債務があると返済が難儀となってしまいますが、どうしても借り受けたいなら複数以上使っていてもいいと思います。序々に条件は難しくなりますが、審査を通ることができると役立てることができます。モビットでの借入れは、ネットからの申し込みであれば24時間いつでも申請でき、申請してから10秒ほどで審査結果も確認できます。モビットを知らない方でも三井住友銀行のグループであるといえば安心できる点も、注目されている理由の一つであるといえます。便利なATMも全国に10万台もあるので、なかなか時間をとれないという方でもコンビニから気軽に学生ローンを利用する事が出来ます。家にいながらインターネットを使ったウェブ上での申込みも出来るので、郵便てを送るという面倒な手間がかからないのもポイントですね。プロミスの借入れを利用する場合は、申し込み方法は大きく分けて四通りありインターネット、電話、店頭窓口、ATMから申込みすることが可能です。『三井住友銀行』か『ジャパネット銀行』の口座を持っている方で、申請が完了してから少なくとも10秒程度で指定口座にお金が振り込まれるサービスを非常に便利です。また女性には嬉しい専用ダイヤルや30日間の無利息期間を設けているのもプロミスだからこそできるサービスだと言えるでしょう。キャッシングが完済したので解約を希望する人も少なくありません。どのように解約するのかというと、解約する旨を電話などで伝えて、手持ちのカードを細かく切って捨てれば解約が完了します。解約のタイミングは任意ですが、契約を解消すると、何らかの事情でキャッシングが必要になった時、申し込みから始める必要があります。解約にもリスクがあることを覚えておきましょう。借り入れていたお金を返す方法は、利用した学生ローン業者で違いがあります。その多くは、指定された口座への振込か、口座からの引き落としと方法の2パターンです。返済の方法をどちらにするかはこちらで指定できるでしょう。ただ、返済方法が一通りしかない場合や、銀行を指定する業者なども中にはある為、自分に合った業者を選ぶことが大切です。学生ローンと学生ローンはどちらも金融機関からお金を貸してもらえるサービスですが、何がどう違うのか分からない人も珍しくありません。おおまかに言えば、数万円から十数万円の借入に適しているのが学生ローンで、返済は一括で行われるものが多いです。対して、借入限度額が数百万円という大口融資を基本として、返済が基本的に一括払いできないものが学生ローンと言われるサービスです。こうした特徴を持つ学生ローンは、審査に通りにくいと言われています。消費者金融はけっこう身近なものとなりましたが、その実体は同じです。消費者金融はあくまでも利子つきのお金を貸す業者であり、返済が滞ると人生が終わるのは変わっていません。ちょっとした出来心で借金するのはやめましょう。借金するなら、「返済しないと大変なことになる」ことを忘れずに使いましょう。信用度の高い会社員に対して、自営業の人の場合は学生ローンサービスの審査で比較的厳しい評価をうけやすいようです。収入の安定しない自営業では、貸付金の返済ができないことがよくあるためです。もちろん、全ての学生ローンサービスの審査がそうと決まっているわけではなく、中には審査に合格することもありますが、利用限度額は、会社員と比較しても低く設定されます。また、気を付けたいのが固定電話の有無です。携帯電話しか持っていないというケースでは多くの学生ローンサービスでは審査に通ることができなくなります。現在、無職だと学生ローンによる借り入れは難しいといわれていますが、借り入れを断られることは、それほど多くありません。オークションやアフィリエイトで収入を得ていれば立派な自営業者です。フリーターも経歴になりますので無職という必要はありません。ただし、あちこちの会社から借り入れしていたり、過去の借り入れ金額が一定の範囲を超えている場合、在宅確認ができなかった人などは借り入れが難しいので、申し込みする前に、新規学生ローンができるかどうかよく考えてください。周りの人に気づかれることなくスマートに学生ローン。便利ですよね。ただ、利用すると利用明細書が発行され、登録した自宅に郵送されてきます。クレカなら便利だと思いますが、借金は知られたくないですよね。どうにかして家族にバレないようにする方法はないかと調べていたところ、明細書を送付しない会社がたくさんあることに気がつきました。大手では金利はさほど変わらないことを知っていたので、新生銀行系のレイクにしました。ここは180日間無利息というプランがあるんです。レイクは有人店舗がないと言われたので、契約には無人の自動契約機を使い、そこに設置された電話で色々疑問点を質問してみました。明細書もネット上で確認するので自宅に送られてくることはないそうです。ただ、自分の利用実績を把握するためにも、ウェブ明細はちゃんと見ておくべきですよ。借入も返済もスマートにできる学生ローンは多忙な社会人には上手に使えば有難いものです。ただ、甘く見積もって利用していると、いずれどこかに皺寄せが来て、あとで計算してみて、馬鹿だったなあと気づくかもしれません。うまく使うには、コツがあるのです。借りたお金はかならず出ていく(返済する)ことを常に意識しつつ、ゆとりを失わないように利用していけば、キャッシングの便利さがわかってくるでしょう。借り入れる為にカードを使うときは、業者のATMを使うか、または、提携先のATMで行うと思いますが、業者により提携するコンビニは同じではないのです。自分が頻繁に利用するコンビニのATMを使える業者であれば、当然、そのコンビニから借入、返済も出来るので、とても利便性に優れていると言えるでしょう。業者選びの際にこういったことも含めて決めれば、使いやすくなります。お金を借りる方法は数多くありますが、信販会社などのカードローンを利用してお金を用意する場合、カード申し込みの時点でそれぞれに見合った金額設定がされていて、仕事を持っている人には、総収入の3分の1までで抑えなければならない、総量規制のために定められたこの法律により、金融業界の常識ががらりと変わったのです。見落としがちなのは、それが持っているカードの総合計金額になることで、会社は色々あると思いますが、いくつ持っていたとしても利用可能額をを合計してその総額が対象の法改正であり、これまで借りられた額が、グンと抑えられたことで生活の見直しが必要になります。大まかに言って、3枚のローンカードを持ち、そのうちの1枚で50万円のローンを返済し始めていて、2枚目のカードで更に追加のローンを組む場合は、年収といっても会社員のように一目瞭然の人ばかりとは限らないので、判る範囲で考えることになりますが、その3分の1引く借入額の公式さえ頭に入っていれば、今後借り入れ可能な金額ということが分かります。身の破滅を招く借金地獄に陥る人も減ることが期待できますね。労働者から見れば羨ましくさえ思えることもあるニートですが、ことお金に関してはそうは言えません。どこかから借りるにしてもそんなことを考えるより、働くことを考えたらどうだと説教のひとつもぶちたくなりそうです。本人はいたって本気で、誰がいいか考えているようですが、きちんとした会社、例えば銀行や金融会社などの専門のところでは、収入のない人にお金を貸すほど甘いはずがありません。そうは言っても、ごく近しい人たちの間柄で、お金を貸してもいいと言ってくれる人がいるかもしれないのです。結局返せないような事態が起こるとしても、本人たちさえ納得していれば、こちらとしても文句を言う筋合いなどないのは当然のことです。ただ友人なら、相手の生活を思いやる気遣いは常に持ち続ける必要があると思います。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

千葉県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス