\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ > 京都府

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、京都府で誰にも内緒で今すぐ学生ローンしたい方におすすめのローンをご紹介しています。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合14時までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム


以前に、30万円ぐらいをキャッシングで借入れたいと申込みしたのですが、駄目でした。これはおそらく、就職したばかりだということもあり、信用されてなかったと思うので、そういうことが原因なんだと思います。しょうがないので、10万まで引き下げることにし、その金額だと大丈夫だと言われ審査を通りました。キャッシングはそれぞれの会社でいろいろなサービス内容が考えられますので、他のところよりもお得な業者を見つけたいものですね。例えば、期間あたりの金利がなんと無料になってしまうサービスもあるのです。借りる額によっては痛い出費になることもありますから、キャッシングをどれにしようか迷った際には考慮してみてもよいかもしれません。キャッシングはお無条件で貸し付けてくれるわけではなく、当然、身元確認を含めた審査があります。審査なしでの融資を売り文句にしているところがあったら、いわゆる闇金と呼ばれる悪徳な違法業者です。返済の見通しが立たない人にも契約できてしまうわけですから、当然、返済できない人だって大勢います。そのような状況なのに、その業者が経営破たんしないのには理由があるのです。例えば、法定外の高金利や、嫌がらせから恫喝まで、人権を逸脱した取り立てが横行している可能性があります。それでも返済できないとなると、借金のかわりに身の危険が及ぶような仕事を斡旋されることもあるそうですから、絶対に関わらないようにしてください。短い期間で小口の融資を実行することをキャッシングと呼ばれる事に対し、カードローンという物は長い期間の大口融資を意味するものと言い、呼び方にわずかながら違いがあります。そのため、実際使う時には覚えておきたい学生ローンの世間的な決まり事として基本的に支払は翌月決められた時期に一括払いですが、学生ローンですと、長期的な返済の方法、リボ払いとなります。ですから、金利の方は一般的に見てカードローンを使った方が高くつきます。ある程度まとまった金額を用意しようと思った時には、学生ローンサービスで融資を受けると良いでしょう。必要書類の記入や免許証の送信など、申し込み手続きを行って審査を通れば、早めの時間に申し込んだ場合、当日中に学生ローンが利用できます。中でも、一般的に名前の知られている大手の消費者金融のキャッシュサービスは、近所にあるコンビニATMや銀行ATMに対応していますので、専用のATMを探す手間も省けるでしょう。営業時間に左右されること無く、学生ローン業者の店舗や専用ATMを使っているところを見られたくないという場合には、都合が良いと思います。銀行系キャッシングがノンバンク系学生ローンより優れている点は、金利があまり高くないので、利息が比較的安く済むということでしょう。それに、総量規制(借入限度額が最大でも年収の3分の1までとされること)がありませんから、ノンバンク系より限度額が高めに設定されるのも嬉しいポイントです。申し込み時間によっては、その日のうちに融資を受けられますし、銀行ゆえの安心感と信頼感は大きいです。また、銀行系は提携しているATMが多いので、必要な時にすぐにお金を引き出したり返済することができます。とはいえ、審査はノンバンク系より厳しくなりますから、融資を受けられる人は限られますが、もし、審査に通過するのであれば、銀行系の学生ローンを選びましょう。どんなにスマートな呼び方をしていても、結局は学生ローンというのは借金であることを忘れてはいけません。なるべく利用しないようにしたいですよね。とはいえ、急な出費に備えて契約だけはしておいてもいいでしょう。契約をしたからといって、すぐに借入を行わなくてもいいのです。借入をせずに、専用カードを入手しておき、本当に困った時に使うといった方法も便利でしょう。学生ローンの審査でダメといわれた方でも再審査をやってもらえるといったシステムがあるでしょう。このようなシステムを使うことにより一度くらい審査に落ちても再び審査を受けられて借入のチャンスが増加するので、喜んでいる人が多いようです。借金を返せずたとえ1回でも債務整理をしてしまうと全てのカードローンの利用が不可となるのが原則です。どうしてかというと、債務整理を行ったと記録した信用情報機関があるからで、この事実が信用情報に残っている期間中は他の貸付契約もすべて不可です。最低5年が信用情報の保存期間なので、また学生ローンなどの貸付契約を結ぶためにはその年限が過ぎるのを待たねばなりません。キャッシングという言葉を聞いたことがあるかと思いますが、金融会社から一般的に考えてちょっとした額の現金の貸与をして頂くといった類の借入をする際に用いる手段です。借金の契約をするという場合ならば、大抵は契約者が返済出来なくなってしまった場合を想定してその補填を考えていきます。但し、タイプとして学生ローンを選ぶのであれば、家族に迷惑をかけるような保証人・担保の段取りをすることは必須ではないのです。嘘偽りなく当人が申し込んでいると分かる材料があれば、まず、現金の融資までたどり着くと考えて良いでしょう。必要な時すぐに現金が借り入れできる学生ローンの利用はコンビニでもできるのが とても手軽に利用できますし良いですよね。ATMの前に立っているときに、人に見られたとしても、学生ローンなのか?ただ現金を下ろしているだけなのか?現金を入金しているのか?振込先を入力しているのか?ほんの少しの時間ではバレることがない所が自分に対する大きなメリットです。かつ、都合に合わせて24時間使用可能な点も現金が乏しく必要な時に便利に手軽に使えると思います。ネット申し込みOKの会社には、面倒なカードローン契約をインターネットだけでできるウェブ完結の申し込み方法を採用している業者も多いです。WEB完結だと必要書類を郵送したりする手間が省け、デジタルカメラなどで撮ったものを送ればよいのです。また、他の方法なら在籍確認をするのに勤務先に電話があるものですが、書類を使って、在籍していることが証明できればいいので、会社の営業時間外であっても待つことなく契約ができます。実際に学生ローンに申し込もうと思っても、審査の内容が気になって躊躇している方もいるのではないでしょうか。審査においては、収入の安定性はもちろん、勤務先や雇用形態、または家族構成や住居の形態などがチェックされ、貸付金が返済可能な水準にあるのかどうかを確認します。借入金の使い道については、審査の対象ではないので、何に使おうとご自身で決めることができます。期限内に返済できれば、ご自分の趣味や楽しみのために、遊興費として活用することも可能です。しかし、どのような事情があろうと返済日には必ず返済できるようにしておきましょう。もし払えなければ、返済期限を超えた日数分、遅延損害金を支払わなければなりません。もし、支払いが遅れた場合は一日でも早く返済してください。学生ローンの返済は、色々な方法が可能です。例を挙げるならば、次の期限までにお金をそろえて返済する一番ベーシックなプラント言える「一括払い」や、借りたお金を何回かに分けて返すことのできる「分割払い」など、いろいろな返済方法があり、返済プランによって金利にも変化があります。ご存知のように、本人確認できる書類を準備するだけで金融機関のキャッシングサービスに申込できますが、あまりに高額の借入金を望んだ場合、もしくは個人事業主など、給与所得者でない方は、本人確認書類と共に、収入証明書の準備が必要になります。具体的には、会社員の方などは源泉徴収票を使えば問題ありません。源泉徴収票を用意できないというケースでは、課税証明書や、提出印が捺印された確定申告書の控えが必要になるので、あらかじめ用意をしておきましょう。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

京都府の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス