\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ > 京都府

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、京都府で誰にも内緒で今すぐ学生ローンしたい方におすすめのローンをご紹介しています。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンのおすすめ

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム

学生ローンはローンと似ているものであって混同して使用している人もいますが、厳密に言えば違うものです。キャッシングとローンの違いを解説します。キャッシングは借入れたお金を翌月の返済日に一度に返済します。ローンは借入金を分けて支払い、返していきます。給料が入るまでの間に合わせ的に学生ローンを多く利用します。大抵の人は、ある程度の出費に対する準備はしていると思います。それでも困った経験は誰にでも、あるのではないでしょうか。その場(職場・友人・家族)で借りれないとき頼もしいのがキャッシングです。CMひとつとっても、消費を促すより、ユーザーが知りたい情報を伝達する形式が増え、利率や会社の特長もわかって、初心者でも安心して利用できるようになりました。備えあれば憂いなしと言いますから、そのとき慌てないよう、スピード審査・スピード融資ができる会社をリストアップしたり、カードだけでも作っておくと、安心です。最近のキャッシングはインターネットにも対応しており、自宅から電話やパソコンを使って申し込むことができます。なおかつ、即日融資に対応したキャッシング業者も増えており、困った時の心強い味方です。キャッシングの際に必要なカードの入手方法ですが、自宅に郵送されたり、店舗で手に入れることが可能です。このカードによって、例えばコンビニや銀行のATMなど、キャッシングできる場所が増加するため、一層利便性が高くなります。ところで、カードローンの審査基準は、近年では利用が可能かを確認するための判断基準として、全てではないものの、情報公開されているようです。本来、この基準は非常にシビアなものになっているのですが、その一方で、担当者の意志によって判断が左右するなんてことも、あるそうなのです。それぞれの状況をバッサリと線引きすることは難しいことが分かりますね。借入れをする際には必ず審査があり、主に書類確認、在籍確認、属性審査といった他にその人を本当に信頼できるかどうかの信用情報も確認されます。全ての情報を確認し、検討した上で申請者の返済能力の有無を見定めるのです。万が一、申請した内容が事実とは違う内容で提出されていた場合、審査では不合格になる可能性が極めて高いです。他社からすでに高額の借入れがある場合や、一度でも返済が遅れるなどの記録がある場合には、学生ローンの審査の時点で、通過しないことがほとんどです。今ではキャッシングは身近なものになりました。今どきの方法で即日融資を受け、金銭的なピンチを乗り越えませんか。証明書はスマートフォンで撮影したものならばすぐに用意できます。ですから、窓口や無人契約機まで出向かなくても良いのです。申し込みが簡単でも審査が厳しいことは全くありませんし、審査に引っ掛からない限り自分が望んだ口座へ入金されるように指定することができます。学生ローンで他の会社から借りた金額が大きい方は注意しておく必要があります。既に3社以上の他社からの借入があるケースでは、学生ローンを依頼したとしても審査に引っかかる可能性が高確率で起こり得ます。最近行われている審査では、申込者の信用情報の確認をしっかりと厳正に行われる傾向が主流になってきているのです。一言で言えば、お金を借りることは無収入の夫に養ってもらっている人でもいけます。具体的な説明をしてみれば、収入がなくて、パートナーの同意が得られないパターンであっても、借入総額の制限のオブジェクト外であるバンクカードローンであれば、配偶者には内緒で借入をすることができます。借入の限度を年収の三分の一までとするという「総量規制」が学生ローンの場合は用いられています。しかし、この法律は消費者金融系のフリー学生ローン、もしくは、クレジットカードの学生ローン枠の利用に該当するものです。同じ借入でも、銀行のカードローンは該当しないということです。ちなみに、どういった契約であっても、銀行からの借入については全て総量規制の対象とはなりません。近年、貸金業法が改正され、それに伴ってどの金融機関でも、キャッシングの金利を従来よりも引き下げられています。改正以前の取引があった場合、過払い金返還請求ができるかもしれません。返還請求には時効があります。つまり、思い当たるならば、完済の方も、返済中の方もできるだけ早く無料相談などでもいいので、専門家の判断を仰いで、過払い金返還請求の手続きに着手しましょう。カード会社や銀行で融資を受ける際に必要なものは実際にはそれほど多くないのです。昔の経験で話している人が多いので、間違った認識があるのでしょう。申し込む人の履歴や金額にもよりますし、業者によっても微妙に変わってくるかもしれませんが、写真付きの免許証やパスポートがあったら、住所や本籍地等も掲載されていて、充分なようです。極端に言えば、免許証さえあればお金が借りられるわけですが、楽に借りれて楽に返せるかどうかは、お金を借りて使う人のバランス感覚や判断力にもよると思います。ちょっと苦しいけど頑張って一括返済するも良いし、無理せず分割にするのも良いでしょう。借入額を決める前に、完済までの確実な道筋をイメージすることが大事なのではないでしょうか。カードローンを申し込む際には総返済額に関わる「金利」が重要な比較材料になると思います。ただ、一般的な業者なら特に安い高いの差はないため、結局決まらないで悩んでしまうのではないでしょうか。差別化という点では、ポイントが稼げるところは利便性が高いと思います。初回ポイントや利用ポイントがついて、ネット上でお金と同じように使うことができます。ポイントと円の換算率は会社によって違うので気をつけてくださいね。それから、一括返済できるなら何日間無利息というのもオトクです。なんにしても、自分の収支バランスに合っているかをじっくり考えてから、申し込むようにしましょう。数多くある学生ローンサービスの中には、ブラックでも融資してくれる業者も意外と多いです。しかし、ブラックOKと宣伝しているところのほとんどが悪徳業者ですから、きちんと下調べをしてから申し込みましょう。審査が甘いところは、その分、利率が高くなるのが一般的なので、普通の学生ローンよりも金利が低い場合は、避けた方が無難なのです。一見すると良心的な学生ローンでも、実は詐欺や闇金の可能性が高いためです。なお、実際に申し込む前に、返済条件の確認をしておくことをおススメします。手軽に返済できないと、結果的に返済手数料にお金がかかることになってしまいます。モビットが提供する学生ローンを利用する場合、24時間ネットから簡単に申込み出来ますし、たった10秒程で審査結果が表示されるようになっています。またモビットは、大企業「三井住友銀行」のグループなので安心と信頼があり、人気を集めている理由の一つといえます。全国に約10万台ものATMが提携されているので、コンビニエンスストアからでも気軽に学生ローン出来るのです。忙しい方には嬉しい早くて簡単な「WEB完結」なら郵送手続きをする必要がありません。普通、クレジットカードというと、ショッピングの際の現金代わりに使われるイメージが強いですが、現金を借りることができるキャッシング枠がオプションでついているものもあります。利用した場合、返済は原則、一括返済です。あくまでオプションサービスのキャッシング枠ですが、反対に、学生ローンだけに使うカードもあるのです。こうしたキャッシング機能だけをもったカードは、クレジットカードと区別するため、ローンカードと言われます。ちなみに、クレジットカードのオプションですが、学生ローン枠が設定されるかどうかはそのカードを発行したクレジット会社が決めます。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

京都府の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス